EC-CUBEをインストールしたサーバのURLを変更した場合

2010年9月7日

インストールディレクトリ下のdata/install.phpの下記の行を変更する。

    define (‘SITE_URL’, ‘http://www.test-site.com/’);
    define (‘SSL_URL’, ‘http://www.test-site.com/’);

Hypser-Vのデータの規定の配置場所を変更するには

2010年8月27日

レジストリの以下のキーを追加、変更する。

・VirtualMachineファイル
HKLM\Software\Microsoft\Windows NT”\CurrentVersion\Virtualization\ DefaultExternalDataRoot
      REG_SZ   D:\Virtual_Machines

HKLM\Software\Microsoft\Windows NT”\CurrentVersion\Virtualization\DefaultVirtualHardDiskPath
                REG_SZ      D:\VHDs

.Net FrameworkのUriエンコードメソッドの違い

2010年7月16日

.Net FrameworkにはUriエンコードに使うメソッドがいくつかあるが、違いを調べてみた。

Uri.EscapeDataString(str)
RFC2396準拠。16進数は大文字になる。
Uri.EscapeUriString(str)
EscapeDataStringよりエンコードしない記号が増える。「&+,/:;=?」
16進数は大文字。
Url全体をまるごと処理することを想定?
HttpUtility.UrlEncode(str)
EscapeDataStringと違うのは、空白を%20でなく「+」に変える。
「~」を%7eに変える。「’」を%27に変える。
16進数は小文字。
application/x-www-form-urlencodedに使うことを想定?

Uriクラスのメソッドは、国際化リソース識別子 (IRI) または国際化ドメイン名 (IDN) 解析を有効に設定するとRFC3986準拠になるようだが、システム全体が変わってしまうようなので、個別にやるにはRFC3986で増える予約記号「!’*()」を後から置換するのが現実的かも。

WPFで長時間かかる処理の間にUIのイベントを処理させるには

2010年7月11日

WPFでWindows FormのApplication.DoEventsメソッドと同様に長時間かかる処理の間にUIのイベントを処理させるには、下記のように行う。(MSDNより)

[SecurityPermissionAttribute(SecurityAction.Demand, Flags = SecurityPermissionFlag.UnmanagedCode)]
public void DoEvents()
{
    DispatcherFrame frame = new DispatcherFrame();
    Dispatcher.CurrentDispatcher.BeginInvoke(DispatcherPriority.Background,
        new DispatcherOperationCallback(ExitFrame), frame);
    Dispatcher.PushFrame(frame);
}

public object ExitFrame(object f)
{
    ((DispatcherFrame)f).Continue = false;

    return null;
}

Google Analytics APIをPHPから使ってページランキングを表示する

2010年7月10日

code.google.comからGAPIというライブラリをダウンロードする。

curlのモジュールが有効になっていることが必要。下記はGAPIに付属のサンプルコード。実行するとブラウザごとのページビュー、訪問数をページビューの少ない順に出力する。実行するにはdefine文に定義されているemailアドレス、パスワード、プロファイルIDを実際に使用できる者に変更するに必要がある。プロファイルIDはGoogle Analytics管理画面のトップページでプロファイルの編集を実行して表示した画面の左上に表示されている数字。

<?php
define(‘ga_email’,'youremail@email.com’);
define(‘ga_password’,'your password’);
define(‘ga_profile_id’,'your profile id’);

require ‘gapi.class.php’;

$ga = new gapi(ga_email,ga_password);

$ga->requestReportData(ga_profile_id,array(‘browser’,'browserVersion’),array(‘pageviews’,'visits’));
?>
<table>
<tr>
  <th>Browser &amp; Browser Version</th>
  <th>Pageviews</th>
  <th>Visits</th>
</tr>
<?php
foreach($ga->getResults() as $result):
?>
<tr>
  <td><?php echo $result ?></td>
  <td><?php echo $result->getPageviews() ?></td>
  <td><?php echo $result->getVisits() ?></td>
</tr>
<?php
endforeach
?>
</table>

<table>
<tr>
  <th>Total Results</th>
  <td><?php echo $ga->getTotalResults() ?></td>
</tr>
<tr>
  <th>Total Pageviews</th>
  <td><?php echo $ga->getPageviews() ?>
</tr>
<tr>
  <th>Total Visits</th>
  <td><?php echo $ga->getVisits() ?></td>
</tr>
<tr>
  <th>Results Updated</th>
  <td><?php echo $ga->getUpdated() ?></td>
</tr>
</table>

requestReportDataメソッドのパラメータは

requestReportData($report_id, $dimensions, $metrics, $sort_metric=null, $filter=null, $start_date=null, $end_date=null, $start_index=1, $max_results=30)

となっていて、Google Analytics APIのFeedリクエストで指定できるパラメータが渡せるようになっている。複数指定できるパラメータは配列として渡す。たとえば上位アクセスランキングのリストがほしい場合は上記メソッドを変更して、

$ga->requestReportData(ga_profile_id,array(‘pageTitle’,'pagePath’),array(‘pageviews’,'visits’),
 ’-pageviews’, null, null, null, 1, 10);

とすることで取得できる。

表示部分は

foreach($ga->getResults() as $result):
?>
<tr>
  <td><?php echo $result ?></td>
  <td><?php echo $result->getPageviews() ?></td>
  <td><?php echo $result->getVisits() ?></td>
</tr>
<?php
endforeach
?>

<?php
foreach($ga->getResults() as $result):
?>
<tr>
  <td><a href=’<?php echo $result->getPagepath() ?>’><?php echo $result->getPagetitle() ?></a></td>
  <td><?php echo $result->getPageviews() ?></td>
  <td><?php echo $result->getVisits() ?></td>
</tr>
<?php
endforeach
?>

のように変更する。

WCFを使ってXML-RPC通信を行うには

2010年6月10日

Xml-Rpc With WCFから「XML-RPC for WCF」をダウンロード。

上記blogのコメントに従ってXmlRpcDataContractSerializationHelperクラスのDeserializeStructメソッドのループ           

while (reader.NodeType != XmlNodeType.EndElement)
 {

の最後に、下記を追加。(ホワイトスペースと改行(XmlNodeType.Text)をスキップするため)

while (reader.NodeType == XmlNodeType.Whitespace || reader.NodeType == XmlNodeType.Text)
 {
            reader.Skip();
 }

また、Desirializeメソッドでswitch (reader.LocalName)の case XmlRpcProtocol.DateTime:の日付の形式が、dateTime.iso8601の形式(下記例参照)でなかったため修正。

<dateTime.iso8601>19980717T14:08:55</dateTime.iso8601>

また、Desirializeメソッドで<value>の内側に型のタグがない場合stringにする処理がなかったため、メソッドの一番最後に

 else if (reader.NodeType == XmlNodeType.Text)
{
        returnValue = reader.ReadString(); 
}

を追加した。このモジュールの使う手順は下記。

  • 参照にMicrosoft.Samples.XmlRpcを追加。
  • 普通のWCFと同じようにServiceContract, OperationContract属性を追加したインターフェースを定義する。ただし、OperationContractは[OperationContract(Action = "metaWeblog.newPost")]のようにActionにXML-RPCのメソッド名を追加する。また、XML-RPCのstruct型の定義はWCF側ではクラスとして定義し、DataContract, DataMember属性を追加する。
  • Web.configのsystem.serviceModelセクションを下記のように定義する。

<system.serviceModel>
   <extensions>
     <behaviorExtensions>
       <add name=”xmlRpcEndpointBehavior”
            type=”Microsoft.Samples.XmlRpc.XmlRpcEndpointBehaviorSection, Microsoft.Samples.XmlRpc, Version=1.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null” />
     </behaviorExtensions>
   </extensions>
   <services>
     <service behaviorConfiguration=”debugBehavior” name=”実装したクラス名”>
       <host>
       </host>
       <endpoint address=”" behaviorConfiguration=”xmlRpcBehavior” binding=”webHttpBinding”
         contract=”定義したインタフェース名” />
     </service>
   </services>
   <behaviors>
     <endpointBehaviors>
       <behavior name=”xmlRpcBehavior”>
         <xmlRpcEndpointBehavior />
       </behavior>
     </endpointBehaviors>
     <serviceBehaviors>
       <behavior name=”debugBehavior”>
         <serviceMetadata httpGetEnabled=”true” />
         <serviceDebug includeExceptionDetailInFaults=”true” />
       </behavior>
     </serviceBehaviors>
   </behaviors>
   <serviceHostingEnvironment multipleSiteBindingsEnabled=”true” />
 </system.serviceModel>

FiddlerでlocalhostのHTTP通信をモニタリングするには

2010年5月22日

fiddlerはlocalhost宛の通信をモニタリングできないが、urlを指定するときにlocalhostの代わりにipv4.fiddlerを使用するとモニタリングできるようになる。たとえばUrlが
http://localhost:10000/
だったら、
http://ipv4.fiddler:10000/
と指定する。