‘SQL Server’ カテゴリーのアーカイブ

SQL Server 2008で日付の最小値、最大値は.Net FrameworkのDateTimeと同等になる模様。

2008年7月15日 火曜日

現状、SQL Serverと.NetのDateTimeの値の範囲はずれているが、SQL Server 2008で追加される日付型のdate, datetime2, datetimeoffsetでは、その範囲は

日付:1-1-1~9999-12-31
時間:00:00:00~23:59:59.9999999

で、.Net Framework相等になる模様。参考サイト

SQLServer, MySQL, SQLiteで自動採番列の結果を取得するには

2008年6月25日 水曜日

自動採番列で振られた連番の結果はそれぞれ下記のSQLで取得する。

SQL Server
select SCOPE_IDENTITY()
SQLite
select last_insert_rowid()
Mysql
select LAST_INSERT_ID()

自動採番列の作成方法は下記のように「INTEGER PRIMARY KEY」を指定する。

CREATE TABLE `Table1` (`ID` INTEGER PRIMARY KEY ,`Col1` TEXT,`Col2`  TEXT)

.Net FrameworkとSQL ServerのDateTimeの最小値、最大値の違い

2008年5月23日 金曜日

SQL Server 2005のdatetimeの範囲は
1753/1/1 12:00:00 から 9999/12/31 23:59:59 PM まで
.Net FrameworkのDatetimeの範囲は
0001/1/1  00:00:00から9999 /12 /31  23:59:59.9999999 まで

Vistaで「管理者として実行」なしでSQL Serverに接続するには。

2008年1月14日 月曜日

Windows VistaではUACが導入されたため、デフォルトではSQL Serverに接続するには「管理者として実行」する必要がある。それを回避するには「SQL Server Management Studio」などを使って、「セキュリティ」-「サーバロール」-「sysadmin」のプロパティ設定で、サーバロールのロールメンバに、 SQL Serverに接続するWindowsユーザを追加する。

SQL ServerでDB使用量を調べるには

2008年1月14日 月曜日

EXEC sp_spaceused を実行する。

実行結果は

database_name       database_size  unallocated space ------------------- -------------- -------------------------------------------- master              5.25 MB        1.55 MB  reserved           data               index_size         unused ------------------ ------------------ ------------------ ------------------ 2504 KB            1016 KB            944 KB             544 KB

SQL CLRを利用するには

2008年1月14日 月曜日

スタートメニューで「構成ツール」-「SQL Serverセキュリティ構成」(SQL Server Surface Area Configuration)を選択し、「機能のセキュリティ構成」でCLR統合を有効にする。