Oracle 10.2からパラメータファイルのsql_traceは非推奨に

2008年7月24日

代わりにDBMS_MONITORパッケージを使用してsql_traceを設定する。

DBMS_MONITOR.DATABASE_TRACE_ENABLE(
waits IN BOOLEAN DEFAULT TRUE,
binds IN BOOLEAN DEFAULT FALSE,
instance_name IN VARCHAR2 DEFAULT NULL);

waits – 待機情報をトレースに出力
binds – バインド情報をトレースに出力
DBMS_MONITOR.DATABASE_TRACE_DISABLE(
instance_name IN VARCHAR2 DEFAULT NULL);

コメントは受け付けていません。