trackbackの概要 (XML-RPC)

2008年5月18日

RESTを使用して行う。
以下はhttp://lowlife.jp/yasusii/stories/8.htmlの要約。

リンク先のURIにHTTP/GETでアクセス
HTML中に
下記のようなRDFが含まれている。

<!– コメントにするのはXHTMLバリデータのエラー回避のため
<rdf:RDF xmlns:rdf=”http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#”
         xmlns:dc=”http://purl.org/dc/elements/1.1/
         xmlns:trackback=”http://madskills.com/public/xml/rss/module/trackback/“>
<rdf:Description
    rdf:about=”http://www.foo.com/archive.html#foo
    dc:identifier=”http://www.foo.com/archive.html#foo
    dc:title=”Foo Bar”
    trackback:ping=”http://www.foo.com/tb.cgi/5” />
</rdf:RDF>
–>

RESTで下記のリクエストを送信(HTTP/POST)

POST http://www.foo.com/mt-tb.cgi/5
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
title=Foo+Bar&url=http://www.bar.com/&excerpt=My+Excerpt&blog_name=Foo

title:(クライアント側)エントリのタイトル
excerpt:(クライアント側)エントリの要約。Movable Type の実装では、最大255バイト
url:(クライアント側)エントリの permalink 。
blog_name:(クライアント側)ブログの名前。

成功した場合のレスポンス。

<?xml version="1.0" encoding="iso-8859-1"?>
<response>
<error>0</error>
</response>

失敗した場合のレスポンス。

<?xml version="1.0" encoding="iso-8859-1"?>
<response>
<error>1</error>
<message>The error message</message>
</response>

コメントは受け付けていません。