WPFでApplicationCommandsを使用する

2008年11月10日

ButtonのCommandプロパティをセットする。下記は組み込みのApplicationCommands.Saveを使用する場合。

<Button Height=”23″ Name=”button1″ Width=”75″ Command=”ApplicationCommands.Save”>Button</Button>

Xamlのコードビハインドクラスのコンストラクタで、commandBindingを作成し、ExecutedイベントとCanExecuteイベントを登録し、CommandBindingsプロパティにcommandBindingを追加する。

CommandBinding binding = new CommandBinding(ApplicationCommands.Save);
binding.Executed += new ExecutedRoutedEventHandler(executeMethod);
binding.CanExecute += new CanExecuteRoutedEventHandler(binding_CanExecute);
this.CommandBindings.Add(binding);

Executedイベントはコマンドでするべき処理を実行する。CanExecuteイベントはコントロールがコマンドを実行できるかどうか確認するときに呼び出す。コマンドが実行できる状態の場合は、

void binding_CanExecute(object sender, CanExecuteRoutedEventArgs e)
{
e.CanExecute = true;
}
のようにパラメータのCanExecuteプロパティにtrueをセットする。

コメントは受け付けていません。