2008/11/29 土曜日

求職中につき、家で作業

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:50:18

新聞やテレビのニュースを見ると、工場などの期間労働者の仕事がなくなっているという。小さなこどもがいたり生活のかかっている人は大変だな……
わたしの場合、生活がかかってるのではないのはありがたいが、知り合いには一人暮らしの人もいるので、これから先、探すの大変だろうな、と思ってしまう。

元厚生事務次官殺しの犯人は、あんなに緻密な計画を立てる頭があるのに、なんでそれを人のために役立てることに使わないんだろう?とつい思ってしまう。
人のせいにばっかりしていると、誰も親身になってくれないよ。もっと謙虚でいなくちゃ。
(自戒も込めて)

近いところだけだとむずかしそうなので、都内の方にも範囲を広げて求職活動中です。

『フランドルの冬』(新潮文庫、1972)は求職活動中の身にはたのしくない読書なのでまだ進めていないが、同じ加賀乙彦の『頭医者事始』(講談社文庫、1978)は面白かった。モデルは知り合いをくっつけて創造したりしたらしいけど、精神科のお医者になりたてのころの雰囲気はつかめたかな、と思う。
神谷さんはもっと年上で医者になったのが戦争中だから、雰囲気がまた違うはずだが。

神谷美恵子に関する研究?というのがどのくらい進んでいるのか寡聞にして知らないが、分野の広い人だから精神医学のところで、とかヴァージニア・ウルフ研究の一つとして、とかいうふうになってるんだろうか。
わたしが興味持っているのは、神谷さんの学問というより、神谷さん自身がどこでどんな風に変わっていったのか、人や場所や学校、本からの影響というようなことなので、どこかで発表したら?と勧められてもどうすればいいのかわからない。
行ってみなくちゃいけないところはたくさんあるし、人間関係などもまだ調べが進んでいないし。

……
フィギュアスケートNHK杯、女子のショートプログラム(SP)を家人と観る。
30周年というからわたしが中学に入った年からだ。好きなので毎年欠かさず見ていると思う。
今年の会場は代々木体育館なので、まおちゃんを生で観るために行きたかったのだが、仕事がうまく続かないのでは遊んでばかりいられない。
この大会初出場の鈴木明子が、はつらつとしていて良かった。3位に入る。
中野友加里はジャンプが惜しかったな。
まおちゃんの調子が2週間前のフランス大会からしっかり持ち直してきたので、その修正能力に感心し、拍手しながら観ていた。
あしたのフリーはどうなるだろうか。
男子の織田くんも絶好調でSP首位。

写真がうまく載せられないままになっていますので、字だけですみません。マザーグースのも早くポスターの画像を載せたいんですが。

……
<きのうの夕飯>
めざましテレビ「今日のカウントダウンハイパー」という占いで山羊座が最下位。ラッキーメニューが湯豆腐だったので、それにする。
湯豆腐だと簡単だしね(笑)。塩鱈としめじを入れて、それぞれ小鍋立て。
ほかに水菜とブロッコリー、豆いろいろのサラダ(低カロリーさっぱり塩味ドレッシング掛け)、じゃがいもと油揚げのみそ汁、玄米茶。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.294 sec. Powered by WordPress ME