2005/10/27 木曜日

遅れてきたファンでも……

Filed under: 未分類 — pug @ 23:29:25

26日はトトロと、クイーン(+ポール・ロジャース)のコンサート初日に行ってきました。

基本的にやかましい音楽がきらいなので、トトロがバンドをやっていると言っても知ってる曲がなかった。「これならどうだ」と聴かされたのが、クイーン。曲がほかのと違う。アルバム「オペラ座の夜」が気に入ってこればかりかけたことも。

バンドは学生時代のサークルのメンバーが基本になっているのだが、そのOB・OGで毎年年末に内輪のライブをやっている。毎回必ずクイーンをレパートリーにするバンドがあって、ボーカルは黒い革のパンツで絶叫しながら歌う。このボーカル氏は銀行のディーラーなのだそうだが、黒革パンツがしっくり来すぎて背広姿が想像できない。彼も今回行くのだろうな、当然。

中学高校の同級生にむかしドラムのロジャー・テーラーのファンだったというひとがいて、チケットが取れたときに彼女はどうしたかなと思った。行ってきたよ、きゅら。

ロンドンでのライブDVDを少人数で鑑賞する会をやったこともあった。今回それを見直す時間はちょっと取れなかったけど。

ブライアン・メイのギターがかっこいい。ちょうど正面にスクリーンがあって、ギターを大写しにしてるところがたくさん映った。ロジャー・テーラーもけっこう歌った。ドラムはちょっときつそうだなと思ったけど。

ちなみに席はアリーナ、前から24番目の右側。かなりいい席でしょ。歌ったり演奏してるところが直接目で見えたものね。同じさいたまスーパーアリーナでのMisiaのコンサートでもこんないい席は取れたことがないと思う。

トトロは全曲わかったというが、こちらは遅れてきたファンの悲しさ、わからない方が多い。観客が一緒に歌ったときもサビのところしか歌詞がでてこなかったり。
ブライアン・メイがアコースティックギターを抱えながら歌った「Love Of My Life」で、涙が出ました。

帰りの電車の中でプログラムを広げているおじさん二人(トトロと同年代)がいて、楽しそうに話していたのだけど、「クイーン」と縦書きにカタカナで書いてあったのが笑えた。

というわけで、10月の音楽尽くしは、英国に始まって(近衛軍楽隊)、英国に終わったのでした(クイーンの最後の締めはGod Save The Queenのインストゥメンタルがお約束)。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.286 sec. Powered by WordPress ME