2008/10/25 土曜日

コールセンター13日目/最後にいろいろ…

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:48:17

朝から雨、自転車に乗れないから最寄り駅まで20分歩き。
一本電車に乗りそこなって、ぎりぎりの時間に職場に着く。

間抜けなことに、前日ロッカー(短期だから?100円ロッカー)に、鍵を指しっぱなしで帰ってしまい、家の前で、え?鍵忘れてきた?と気がついた。
わからなくならないように、いろんな鍵をぜんぶ一緒にキーホルダーに付けてあるのがあだになったというわけです。
家人に扉の前で電話して開けてもらうという、なんともかっこ悪いことになった。

ピザが来る前にあわててSVのTさんに電話して見てもらったら、あったと言い、
「なんかいろいろ付いてるけど、家には入れたんですか?」
と訊かれたので、家人に開けてもらったことを説明。

というわけで、預かってもらっていた鍵は朝受け取り、無事に職場に入ることができました(仕事の性質上、私物の持ち込みは禁止)。
あぶないのでロッカーの鍵は別のところにくくりつけることに。

で、仕事の方は、朝イチがちょっと立て続け、すこし間が空いて、午後は最後の1時間が怒濤、というお問い合わせだった。
わたしの受信優先度は前日と同じだったらしく、午前3件、午後2件。

また合間に一人でぶつぶつ練習し、隣のOさんが電話を受けた時は聞き耳立てて、どこがどう上手なのか自分との違いを考え、電話が鳴った時は覚え立てのフレーズを使ってみた。
すこし対応がやわらかくなった、とOさんや向かいのNさん(事務仕事しながら聴いてくれていたらしい)に言ってもらったが、まだまだ突っ込みどころ満載だそうです。人には親切に、と普段心がけているのだけど、もっと工夫の余地があるとのこと。

来週はもっとうまくなってないとしょうがないので、またドキドキです。
まあ、週末はゆっくり休むことにしましょう。

……
<きのうの夕飯>
くたくただったので、外食にしてもらう。
前日の夜、家人がウィスキーのグラスを自分の部屋で落っことして割った。酔っぱらってるから片づけられない、というので、わたしが片づける羽目に。
お風呂に入るのが遅くなったので、この外食は家人のおごり。

最寄り駅近くの、一番よく行く居酒屋。金曜なのでけっこう混んでいた。
わたしは黒麹萬年(芋焼酎)のお湯割り、家人は琵琶のさざ波(日本酒)、黒龍(同左)、黒麹萬年お湯割り。
頼んだのは、さんま刺身(あとで骨の唐揚げ)、鮭白子、ミニサラダ(ミニでも二人で十分)、イカの丸焼き。

わたしたちはけっこう外で呑むことも多いのだけど、今までで行った中でいちばんまったりできる店はどこか、と話していて、我孫子の家の近くにあった居酒屋だ、ということで意見が一致。
マスターが一人で調理して学生アルバイト(男の子だけ)を使っているのだけど、このマスターが、手際はいいし、放っておいて欲しい客には話しかけないし、酒の種類はいつも決まっているが外していない選び方だし(マスターは呑んべではないそうです)、メニューも適度に季節感があってうまい。
お値段はそれなりですが、あのまったり感があったから、スーパーの遅番の帰りに一人で寄ったりする気になったのだった。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.292 sec. Powered by WordPress ME