2007/12/31 月曜日

ラジオを聴きながら過ごしている年末

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 9:55:03

29日の夕方ちょっと夕寝のつもりが2時間近く。おかげで夜は眠くならずしょうがないから4時半にふとんから出てソファでちらちらテレビを観ながら、今谷明『戦国期の室町幕府』(講談社学術文庫)の続きを読む。
聞いたことのない人物が実権を握っていたという話を読んで驚く。11代将軍義澄の息子、義維(よしつな)で、堺に陣取り5年間畿内を支配、堺公方と呼ばれたとのこと。確認したら角川の日本史辞典にも載っていました。もう定説なのでしょうね。
足利将軍家というのは京都もそうだし、関東にいる親戚たちも親戚同士や上杉氏などの部下と内部争いばかりしているので、新しい資料が出てきても不思議がない時代ではある。30年前刊行だからその当時はかなり注目された研究らしい。

朝方ようやく眠くなったので、1時間スペシャルのTBS「がっちりマンデー」は夢うつつの中で音だけ聴きました。

起きてから掃除と洗濯をしながら以下のラジオを聴く。

午前中はNHK「わくわくラジオ」の年末バージョン。村上信夫、滝山雅子の両アナウンサーはいつもは一週間交替で月曜から金曜まで放送するのだが、30、31日は二人で担当するとのこと。「ノブ&タッキー」と言っているのが笑える。
前に一度村上アナの時に何か言葉のことでメールを送って読まれたことがある。

そのままNHK「ふるさと旅するラジオ2007」。ラジオの中継車が各地を回るのだが今日はそのまとめバージョンでスタジオから。

突然雨が降ってきたのであわてて洗濯物を取り込む。うちは風呂場に乾燥暖房機がついているので、こういう時には助かる。

午後はNHK「ビュッフェ131」年末バージョン。古屋和雄、有江活子の両アナウンサー、こちらはいつも二人での司会。「なぞかけ問答」がおもしろい。

途中で山下達郎の「サンデー・ソングブック」(東京FM)を聴く。2週連続、竹内まりやゲストの年忘れ夫婦放談だったが、今週も居残り(?)でリクエスト大会。わたしのように二人の対談を一番楽しみにしているという人がけっこういるらしいのだが、山下達郎は
「どうせ茶々入れられるんだからな」
とちょっとすねていました(笑)。

先週のつもりで出した誕生日メッセージが読まれた。前に作った、
<おたがいに「きみ」とよびあうわれわれは達郎・まりやのようにありたし>
という短歌を書いたので読まれたのであろう。どうしようかなと思ったんだけど、まあせっかくだからと書いてみたのでした。

来年はぜひライブを!10年ファンクラブに入って達郎一回、まりや一回だけですぜ(笑)。ファンクラブ限定のミーティングライブには、家人が
「山下達郎に説教されるなんていやだ」
と変なことを言うので行けなかったのだ。

弟が紋別産のズワイガニ足を送ってくれたので、さっそく夕飯に。クール便で届いたので冷蔵庫に入れておいたがまだ凍っていたのでネット検索で調べて、80度のお湯に塩をひとつまみ入れて2,3分入れておいた。
ほかに寄せ豆腐、ブロッコリーとトマトと赤ラディッシュのサラダ、ひじきの煮物。蟹でけっこうおなかいっぱいになった。

ウーロン茶煮豚を作る。今日はお煮染め、なますを作り、駆け込みで年越しそば用の天ぷらやかまぼこなどの買い出しをする予定。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.445 sec. Powered by WordPress ME