2007/12/30 日曜日

メダリスト・オン・アイス

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 0:02:08

「メダリスト・オン・アイス」(全日本選手権のエキシビジョン)を観る。

水津瑠美(2007日米対抗)
(写真は日米対抗の時のもの)
本戦では順位が伸びなかった(SP6位、FS13位、総合11位)が、水津瑠美<すいづ・るみ>のトルコ石色というのか明るい水色の衣装と「ナディア」というインド風(?)の音楽がよく似合っていた。真央ちゃんと同じ17歳だが、ずっと大人っぽい。見せるコツを知っているようで、楽しみな人だと思う。

男子の佐々木彰生(総合10位)は馬の頭のかぶり物で出てきて、楽しかった。有馬記念でもイメージしてるのかな?(笑)エキシビジョンで楽しむコツも日本の選手は身につけてきたな、と思う。
男子2位になった小塚崇彦と一緒に女子3位の中野友加里が出てきて一緒に滑ったのは驚いた。シングルの選手同士で一緒に滑るのはショー以外では観たことがない。ペアではないのでかなり離れて滑っていましたが、なかなか息が合っていて楽しかった。

今の日本はシングルの選手が多くて、全日本ではアイスダンスは一組だけ、ペアはエントリーがなくてさびしかった。
前にも書きましたが、わたしはサラエボ五輪で満点を取った、ディーン&トービル(英国)というアイスダンスのペアが大好きで、この間YouTubeで発見したときは思わず興奮しました。
ペアやダンスにも挑戦する人がもっと出てきてほしいなあ。息をそろえて滑るのも楽しいですよ。

中野友加里は白い衣装で、サン・サーンスの「白鳥」。ドーナツスピンが白鳥に見えるからそういうイメージでエキシビジョン用に作ったのだろう。

安藤美姫はきのうもそうだったけど、滑ることが楽しい、という表情でよかった。フィギュアスケートは見せるものなので、楽しく滑って、そして結果もついてくる、という試合を見せてほしい。

3連覇した高橋大輔くんの演技をやっと観ることができた。何年か前の「ガラスの心臓」がうそのように堂々と自信にあふれていて、ジャンプは跳び終わったあとにも余韻を残すゆとりがあったし、今年の新作ヒップホップ(モロゾフコーチの発案だという。最初はやりたくなかったとのこと(笑))のステップも見事でした。

真央ちゃんは安心して観ました。

ところで、オーケストラの生演奏だったけど、オケはどこなのかな?指揮者の名前(高関健?)は出ていたけどオーケストラの名前もちゃんとクレジットしなさい>フジテレビ

今度観に行くとしたら、エキシビジョンだなあ。今年3月の東京での世界選手権のチケットは2回挑戦してあえなく撃沈したのだが、エキシビジョンから売れていたような気がする。

2件のコメント

  1. こんにちは。
    30分ほど細切れで見ました。
    印象に残ったのは武田奈也の笑顔と楽しそうな表情です。
    村主の演技もよかったです。

    コメント by よんちゃん — 2007/12/30 日曜日 @ 11:13:48

  2. >よんちゃん様

    武田はあの笑顔がなんといっても魅力的なので、見られてよかったですね。
    村主は4大陸大会に出場しますので、また観られますよ。2月だったかしら。

    コメント by ぱぐ@管理人 — 2007/12/30 日曜日 @ 12:02:15

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.432 sec. Powered by WordPress ME