2004/12/12 日曜日

十二月、六本木の土曜

Filed under: 日記 — pug @ 18:07:46

11日はトトロのバンドサークルのクリコンだつた。

学生時代のサークル名は「フォーク」とついてゐるけれど、今のメンバーはフォークはやらない。ロック、ソウル、ジャズがレパートリー。OB、OGたちが毎年12月の土曜日に六本木のライブハウスを借りてクリスマスコンサート、略して「クリコン」をやつてゐる。内輪のものなのでお客さんは自分たち。三十代から五十くらゐまで、二三十人かな。

結婚してからだいたい毎年行つてゐるのだが、ある年はちやうどその日少し離れたところで伊丹十三が飛び降り自殺したのをあとで知つた。

飽きつぽいトトロが片道二時間通勤の時にも続けてゐたのがアマチュアバンド。……といふより、音楽でも続けてないとやつてられなかつたらしい。担当はキーボード。この楽器は楽譜をコピーしてから音の仕込みがめんどくさいさうで、社会人で続けてゐるのは少ないといふ話です。
今回は前から一緒にやつてるバンドHay Fever(=花粉症)の他にもうひとつお声がかかつて、練習はかなりやつてました。えーと、なにを演奏したのかな(^^;)。
→今、訊いたらマービン・ゲイの「What’s Going On」が入つてゐたとのこと。曲を聴かないと思ひ出せないけど知つてるはずだつて。さうか?あと、Birdの「夜空の下」でこれはもうひとつのバンド。録音を聴かせてもらつたけどなかなかいいねー。そのほかいろいろ。

わたしは仕事の日。帰らうとしたら通路側のラーメンの補充を言はれたので、着いたら最後の一曲が演奏されるところだつた。トトロの演奏は聴いてません。打ち上げだけ参加しやうと思つたのでいいんだけどね。

お声がかかつたもう一つのバンドのボーカルの女性が、あるデパートでケーキ屋の店長をしてゐるといふのでそのひとには逢つてみたかつた。トトロがわたしの仕事の話をしたら、やはりバレンタインまでかき入れ時なのだといふ。この日はお休みを取つたさうだけど。なかなかおもしろいひとだ。

もうひとり、見覚へがあるけど話したことのない背の高い女性がゐて、オレンジの革ジャンが似合つてかつこいいので印象に残つた。あいさつだけする。あとで訊いたらある有名なフランス料理シェフの奥さまだとのこと。お料理はしないがお店の方にも出てゐるのだとか。専攻は仏文だつたといふ。納得。楽器はピアノで、バンドのメンバーが彼女に合はせる感じだつたとのこと。さうだらう、オーラがあつた。

Hay Feverのメンバーは何人か入れ替はつたが、現在大阪に単身赴任中のひとがゐて、彼の月一回の上京に合はせて練習してゐる。あんまり逢へないのでそのメンバーだけで呑みに行かうとわたしも入れて8人になつた。土曜の夜だし忘年会シーズンでもあるためか、店を決めるまで時間がかかる。メンバーは女性ボーカル兼リーダー、ギター、ベース、キーボード、ドラム、パーカッション。あと一人ゐたがあの人は演奏はやらないんだつたかな。
このメンバーは呑むとシモネタに走るなー。内容は書けません。

寝不足で行つたので帰りの電車の中で脳貧血起こしさうになつてあはてた。途中で座れたのでそのまま一寝入りして無事帰りました。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.290 sec. Powered by WordPress ME