2011/4/18 月曜日

松岡正剛さんの声のトーン(3)

Filed under: テレビ,編集学校・松岡正剛,音楽,日記 — ぱぐ @ 9:15:20

参加者はぜんぶで250名くらいだったとのこと。
会場がすし詰め状態になるくらいの人数でした。
震災があって、なおさら行こう!と決意した人も
多かったもよう。福島・岩手・宮城からの参加者もいました。

最初に校長である松岡正剛(まつおかせいごう)さんから
話があった。千夜千冊は10年くらい前から愛読してきたし、
ネット稽古の最中も短いコメントをもらったことがあるし、
テレビ番組でも観たことがあるんだけれど、
生で観るとどうなんだろうというのが楽しみだった。

みんなの前で話をする時も、個人的に立ち話をする時も、
声のトーンが変わらない、一定して安定感のある声だなあ
というのがつよく印象に残りました。
高さはバリトンかな。聴いていてとても気持ちがいい。

最近ツイッターでの叫ぶような声(?)や罵倒に
辟易していたところだったので、安心できる声というのは
いいなあと思いました。

今年度また学校で仕事することになりましたので、
声のトーンということについて考えています。
内容よりもまず入れ物を調えること。
文章であれば言葉遣い。
意識していかないとなかなかできないと思うので、
松岡さんに接したことはいい参考になりました。
(4)につづく

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.291 sec. Powered by WordPress ME