2004/12/5 日曜日

アパートの鍵貸します

Filed under: 日記 — pug @ 23:57:51

ビリー・ワイルダー特集第一弾。

すごい雨風の音で目が覚めた。
文字通り、家が揺れてゐる。
「これはチャリは無理だなあ、電車も止まつちやうかも」
と思ひながらもう一度眠る。
起きたら残念なことに(?)風が止んでゐた。

チャリで行くつもりで支度をしてゐたら同僚Yさんから電話。
電車が止まつてゐるので身動きできないとのこと。彼女のペアWさんが今日は休みなので、開店時間に間に合はなかつたら大きな台車を片付けておいてほしい、といふ話だつた。

トトロが車を出してくれたので早めに着き、加食ではわたしが一番乗りだつた。Yさんの他にTさんも電車が止まつたため遅れてきた。
社員には車通勤でいいから早く来るように、といふ連絡が行つたとのこと。
開店準備には間に合つたのでほつとする。

きのふわたしが休みでギフトコーナーは応援者が足りず、怒られたらしい。誰に怒られたのか知らないけど、振替休日のことは言つてあつたし、よそのの応援を気にしてゐたら休めないんですけど。今日から日曜だけ本部からギフトコーナーに応援が来てゐる。前に店の管理職社員だつたひと。

今日はトトロがバンドの練習で夜ゐないので、ひとりで夕飯をうちで食べた。
ツタヤがレンタル半額キャンペーン中なので、このあいだの六日間出突つ張りのリベンジにビリー・ワイルダー監督を二本(「アパートの鍵貸します」「あなただけ今晩は」)とエマ・トンプソンがアカデミー脚色賞をもらつた「いつか晴れた日に」を借りてきた。

今日はビリー・ワイルダー第一弾の「アパートの鍵貸します」。白黒なんだ。上司の色事のために自分のアパートを提供する男(ジャック・レモン)の話。色事の話なんだけど濡れ場がなくて、さうだそれでも映画になるんだな、とへんなところで感心する。オードリー・ヘップバーンの「昼下がりの情事」もビリー・ワイルダーだけど、あれも「情事」といふから、なんだかすごい(?)場面が出てくるのかと思つてゐたらさうぢやなかつたし。
前からずつと観たかつたので、うれしい。ジャック・レモンつてなかなかいいね。シャーリー・マクレーンもね。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.303 sec. Powered by WordPress ME