2010/8/4 水曜日

今日は返却日。

Filed under: 読書,日記 — ぱぐ @ 7:13:07

今日で小西甚一『日本文藝史』(講談社、1985~1992)を
いよいよ返さなくてはいけない。

きのう読んだのは、明治の初めごろ、
新体詩や坪内逍遙、二葉亭四迷のところ。
このあたりって流れとしては知ってるけど、
現物の作品を読んだことがないなあ。
北村透谷の詩とか、政治小説とか。

鴎外が訳した詩がちょっと出てきた。
漱石はデビューが40過ぎですから、このあと。

返却ポストには厚みがじゃまして入りそうもないので(笑)、
今日は家人に頼んでカウンターに返してもらうことにします。

全部読み終わってから、
またぱらぱら読み直そうと思っていたのですが、
それはまた別の機会に。
実におもしろく読める本でした。

『別巻(日本文学原論・付 全巻索引』は清瀬の図書館には
置いてないみたいなので(続きがあることに気がつかなかったのかな?)、
リクエストして取り寄せてもらうつもりです。
原論ってなんだろう。気になる。

なぜかこれは国文関係の老舗、笠間書院の刊行で2009年に出てますね。
講談社はどうしちゃったのかな。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.293 sec. Powered by WordPress ME