2007/9/28 金曜日

ラグビーW杯、日本×カナダ

Filed under: 未分類 — ぱぐ @ 10:07:04

当日朝方に観るのを忘れてしまったので、きのうの夕方J-SPORTSで録画版をやっていたのを観た。家人のWiiスポーツの時間を待ってもらって時間を確保。

最後に同点に追いついたのは新聞やThe Stadiumで知っていたのだけど、観ながらはらはらした。

しかしジョン・カーワンヘッドコーチは就任9ヶ月でここまでにしたんだ、すごいなあと思う。1年前くらいだったら今度のW杯で1勝挙げられたんじゃないかと思う。世界最高峰のレベルを知っている人が教えると違いますねえ。サッカーでも同じだろう。

前半の最後にカナダの猛攻撃があってひやひやしたんだけど、持ちこたえられたのが良かった。ただ、前半にもう一つか二つトライを決めておきたかったな。体格や体重が一回り向こうの方が大きいので、日本選手は後半だんだんバテてきてしまって、タックルを破られたりするから。

カナダはウェールズやフィジーと違って、攻撃するときのステップにあまり変化がなく、タックルはしやすかったみたいだ。

最後の最後、カナダがまだ攻撃してるので、え、ここのどこからトライ+コンバージョン(2本のポールの間に向かって蹴ること)ができたの?と思ったのだけど、できたんですねえ。気迫を感じた。

taira-kouji.jpg  oonishi-2007wc.jpg

同点トライを決めた平浩二とコンバージョンを決めた大西将太郎

スポーツを精神論だけで語るのは好きじゃないんだけど、最後まであきらめない、というのは観客も味方につけるし、自分たちも達成感があって次につながる。4年後のW杯はどうなるだろう、楽しみだ。

同点に追いついたところで、思わず涙が出てきた。ほんとは勝てる試合だったと思うので、その点では残念なんだけど、見応えありました。

ところで中継した日本テレビは、放送時間に余裕を持たないから、トライ場面を放送し損なったりするんですよ。前後せめて20分くらいは番組の時間を取れよ、まったく。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.329 sec. Powered by WordPress ME