2007/9/24 月曜日

戦争へ傾斜していく時代と神谷美恵子

Filed under: 未分類 — ぱぐ @ 10:29:34

神谷美恵子のことを書くのにどういうスタイルで書くか、年譜を作りながら考えているのだけど、そういえば江藤淳の『漱石とその時代』(新潮選書)というシリーズがあったなぁ、と思い出した。
学生の時、漱石を扱う講義を取ったのだけど、正直言ってあまりおもしろくなかったので、父の書棚にあった江藤の『夏目漱石』(新潮社、文庫になってます)を勝手に熟読した。『漱石とその時代』も最初の方のが実家にはあった気がする。

あれは本人が自死してしまったので、未完に終わったんですよね。奥さんが前の年に亡くなって本人も脳梗塞になるとか、気力の衰えはあったのだろうけど完成して欲しかったなぁ。調べてみると5巻まで出ているらしい。どのへんまで行ったのかしらん。そのうち図書館で借りてみよう。

今作っているのは満州事変から戦争が終わるころまでの社会の動きなので、だんだん戦争へ突き進む過程が見えてきて、楽しくない。そのころの神谷美恵子は自分の内面のことで悩んでいて、あんまり社会の動きには左右されていない気がする。

中島敦もあの戦争のさなかに書いたということを意識させない作家なんだけど、つまり現象だけを追うような書きものは、あとに残らないということでしょうかね。テーマは常に自分の中にある。それを引き出していけば、なにか深いものが得られるということかしら。

2件のコメント

  1. ぱぐさんの過去記事、少しづつ拝読させて
    もらっています。
    神谷美恵子さんへの傾倒は
    ぱぐさんのライフワークになりそうなのですか?
    私も少し読んでみましょうかしら。

    江藤淳自死に関して少々書いた記事も恥ずかしながら、以下に。
    http://blog.livedoor.jp/vivajiji/archives/50851515.html

    有島武郎心中事件のあらましを知ったときは
    ブラ下がった二人の形相~暫く妄想の鬼に
    とらわれまくった時期がありました。
    現場が喫茶に!ああ~なんというおぞましい商売根性!

    閑話休題。

    イヤなやつを一発で黙らせる方法、
    見つかりましたか?
    見つかりましたら、すかさず
    お教え下さいね!(^^)

    コメント by viva jiji — 2008/9/30 火曜日 @ 1:50:32

  2. >viva jijiさん

    過去記事をたどって頂き、ありがとうございます。
    ジャンルごちゃ混ぜでしょう?
    力んで書いてるのがあって、ちょっと冷や汗もの(^^;)。

    神谷さんはライフワークにしたいと思って、少しずつ調べたり考えています。
    彼女が最初にハンセン病に出逢った多摩全生園がある東村山に越してきたのも、何かの縁だと思っていますし。
    20代のころは若いころの知識欲と読書量に圧倒されましたが、最近はこちらも不惑を超えたせいか、彼女の人生全体に思いを馳せることが多くなりました。

    みすず書房から「神谷美恵子コレクション」(2004年)というのが出ています。むかし出た著作集(これもみすず)は精神医学の論文とかヴァージニア・ウルフの研究とかむずかしいのも入っていますが、コレクションなら一般読者向けだと思いますよ。
    もしよければ感想などお聞きしたいな。

    江藤淳とか大江健三郎は父と同世代なので、江藤淳自死の話はちょっとショックでした。あとであちらにコメント書きますね。

    >イヤなやつを一発で黙らせる方法
    いやいや、viva jijiさんから教えて頂きたいもので(^^)。
    精神的に優位に立てると楽なのですけど。

    コメント by pug — 2008/9/30 火曜日 @ 13:15:22

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.292 sec. Powered by WordPress ME