2004/11/15 月曜日

毎月の返済

Filed under: 散文・文章 — pug @ 22:13:27

「ダンナに借金をしてゐる」と話すと、たいてい妙な顔をされる。

冗談だと思う人もゐて、
「そんなのほんとに返すの?」
と訊かれるのだけど、ほんとに毎月返してゐる。

今の仕事は、ぶらぶらしている間に貯金を使い果たしてしまひ、支払ひがあちこち滞るやうになつたため、やむなく当座の分をトトロに借り、すぐ仕事を見つけるといふ約束をして見つけたものなのだ。だから借金を返し終はつたときに一区切りつけることも頭の片隅にはある。
今の返済金額で行くと、三年がんばらないといけないのがつらいところだが……(トトロは「ぢや、三年がんばつてください」と云った(笑))

うちは結婚したときから独立採算制でやつてゐる。できたら仕事は続けたかつたし自分で使ふお金は自分で払ひたかつた。勤めは半年ほどして諸事情により辞めることになつたのだけど、その前から勉強してゐた校正で転身を図るつもりでゐた。あの仕事の方がスーパーより「らしい」と思ふけど、前から実務で経験を積んでおくべきだつたねえ、うーん。

「借りまくつてその分貯金しちやいなさい」
といふアドバイスをくれる人もゐるのだけど、それつてへそくりでしよ?(笑)
貯金できなくて困つてるから一手ではある。考へておきます(笑)。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.297 sec. Powered by WordPress ME