2007/9/1 土曜日

竹内まりやがラジオ深夜便に登場

Filed under: 未分類 — ぱぐ @ 17:37:32

きのう、竹内まりやがNHKAM第一放送の「ラジオ深夜便」に登場していた。
午後11時台とニュースなどを挟み、日付をまたいで午前0時台。
「特集竹内まりや」”デニムのように・わたしと音楽と人生と”
担当は秋山隆アナウンサー。金曜のこの時間はたしか生放送のインタビューである。

この番組を聴いているのはたぶん現在60代以上がほとんどだと思うが、わたしは20代のころからときどき聴いていたような気がする。全般に趣味が渋すぎるもので(笑)。

竹内まりやは宵っ張りで午前4時台の「こころの時代」などをよく聴いているのだそうである。というわけで、この番組には自分の希望で出演したとのこと。テーマ曲も作りたいくらいです、と言って秋山アナが圧倒されていた。

彼女の実家は出雲大社近くの旅館なのだけど、ご近所のひとが深夜便出演を知って実家に知らせ、出演前に実家から電話がかかってきたと話していた。

話は5月発売の最新アルバム「Denim」のほか、今までの音楽人生、夫である山下達郎の話など。山下達郎の「サンデー・ソングブック」(毎週日曜14時~15時、FM-TOKYO系列)を愛聴している人たちにとって目新しい話を拾ってみると、

*ほんとうは音楽雑誌の記者になるつもりだった。インタビューするのが好き(たしかに秋山アナにも逆インタビューして苦笑されていた)
*女の人が仕事を続けていくのはなかなか大変だと思うが、自分の場合は自由業で、子育て中は家でできる他人への曲提供だったし、アルバム復帰したときには同業の夫が家で子どもの面倒をみてくれたので、キャンペーンに出かけることができた。OLだ
ったら続けられなかったかもしれない。
*50代に入って、春の桜をあと何回見ることが出来るだろう、と思うようになった(これはNHKテレビの「SONGS」でも語っていたかな)。
*最近は日本語の美しさに目覚めています。この番組を聴いていても忘れていた言い回しがあるなあと思ったりします(ぱぐ注:最近はユーミンや中島みゆきも歌詞の日本語率が高まっているという)。
*夫がアレンジャーであるメリットは、ふだん生活している中で「こうしたい」「ここはこうじゃない?」と気軽に話が出来ること。大先生に頼んでいたら自分の意に染まらなくても「はい」と言ってしまうと思う。
*(「ご主人は亭主関白ですか?」と聴かれて)一見無愛想に見えるかもしれませんが、そうでもないですよ。お茶なんかはお互いに入れるし。友達夫婦ですね。とにかくお互いにしゃべっているのが好き。話の波長が合うんじゃないでしょうか。

かかった曲は「チャンスの前髪」「人生の扉」「もう一度」「砂に消えた涙」(?メモを取っていなかったので記憶曖昧。なにかカバー曲)最後に「駅」。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.292 sec. Powered by WordPress ME