2007/8/21 火曜日

何のために人目にさらす文章を書くか

Filed under: 日記,散文・文章 — ぱぐ @ 9:57:56

というのは、大学ノートに一日数ページ、書いても書いてもまだ書き足りない感じがしていた20代のころから、ときどき思うことだった。

それは日記だったので、人にすぐ見せるものではないが、でもあとから読む人のことは意識しているわけですね。直後、あるいは一週間経ってから、読み返して文章に手を入れるということもやったので、自分がまず最初の読者だったけど。

書くわたしと読むわたしが自在に出たり入ったりしている感じで、いいのかこれで?と思ったけど、そんな風にしか書けなかった。

対外的に文章を発表するというのは学校のレポートとか、勤め人だったときの担当の統計資料のまとめくらいで、実はあまり書いたことがありません。

そういえば卓球部の部誌があったなあ。高2から中1まで部員でまわしていくんだけど、何を書いていたんだか。一年上でもすごく年上に感じていたころだから、硬い文章になっていたかも。

あと週番日誌は、やったことの報告のほかに、人間観察をしていた気がする。中1の時の担任だったK先生(英語)はそういうへんな文章でも丁寧に読んでくれて赤ペンで何かひと言書いてあった。小学校の時は転入生という意識がどこかいつもありましたが、あれで中高の最初のイメージがよくなって、あとあとつらいことがあったときも気持ちの支えになった気がする。

読書は好きで文学畑に進んだけど、小説を書こうという気は、ありませんでした。ひとつは架空のことをもっともらしい実感でもって書くということがどうしてもできないからかもしれません。

エッセイみたいなものはわりと好きだったと思います。勤め先の人間関係のあれこれを考えていたときは、あ、枕草子みたいだとか思っていた(紫式部日記のような書き方にはならなかった)。

今は残っていませんが初めて意識して書いた文章は、アンネの日記をまねして「キティ様」で始まる手紙形式の日記。小学5年か6年くらいだったと思う。そのころ初恋を経験して、相手にも同級生にも言ったことはなかったのだけど、<今日はこんなことを話した><相思相愛だと信じているけど、どうなんだろう>とか(笑)、今思えばかわいいものです。

さて、何を言いたいのかわからなくなってきましたが、自分のサイトを作るときに文章を人目にさらす、というのは意識した気がする。型が決まっているわけじゃありませんから、よし好きなように書けるぞ、と思ったけど、どうも説明ばかりになって、すらすら書けませんでした。

この8月、例によって休眠状態を経て、いま、爆発的に書いているわけですが、やっと思ったように書けるようになった気がする。

コメントが欲しいとかメールでつっこみおくれ、とか思わないでもないけど(励みはほしいみたいだ)、書きたいように書いて、一人か二人、具体的な読者の顔が浮かべば、それでいいや、という気になりました。

#コメントできないというメールをいただいたので、ちょっと設定を変えました。いかがでせう? まだできないようでしたらメールください。

4件のコメント

  1. 散文のカテゴリー、少し読ませてもらいました。
    2年少々前ですね。
    お気持ちのちがいでしょうか、
    文も今と若干趣きが異なりますね。
    私はこちらのほうがスッと胸に入ります。

    ぱぐさんの気苦労のお話をうかがっておりますと
    ~そういえば名だたる文筆家の創作意欲の源泉の
     多くは意のままにならぬ他者への不満や憤りや悔恨・・
     だったかなぁ~~
    ふと、そんなことも思ったり。^^

    まだ40代半ばのぱぐさん、親御さんも
    まだ(喧嘩できるくらい)元気があるのよね。
    私もその年代でしたらまだまだまだまだ(笑)
    母のことを”分析”していました。
    恥ずかしながらぱぐさんの比ではありませんでしたよ。
    何せ、ほれ、私、弁立つ人ですから~(爆!)

    でもこれだけは言わせて下さいね。
    たいていの場合
    先に生まれた者は必ず先に”弱って”いきます。
    優しい親も怖い親も強い親も小心な親もすべからく。
    相手が倒れて身動きも取れなくなったときに
    親と自分との関係性の真実が露呈します。
    元気な今はわかりません。みんなそうです。

    閑話休題。

    vivajiji流、客観的に書くヒント、
    その①・・・
    えらい編集者さんに読んでもらえたらなぁ~って書く。
    その②・・・
    これで原稿料がもらえたらいいなぁ~って書く。
    ・・・
    書き方、変わらないかい?(笑)

    もひとつ閑話休題。

    超人間キライの件。
    この発言に、うそ・いつわりはありません。^^
    ワタクシ、ジブンダケガ、タダ、ヒタスラ
    ダイスキデス。アイシテマス。♪♪♪
    とうぜん、ワタクシも人間・・ですが。(爆!)
    ・・・・
    ムジュンと例外はどこにでもあります。アハハハ(^^);

    コメント by vivajiji — 2009/3/10 火曜日 @ 9:03:04

  2. >viva jijiさん

    今日もおいでいただき、ありがとうございます(^^)

    今、きのうのコメントの続きをあちらで読んできましたけど、viva
    jijiさんとこがしんどいってことはないですよ(笑)。しんどかっ
    たら、そもそもコメントしに行きません(笑)。

    M体質なのかもしれませんけど(=打たれ強い?)、その時に必要と
    する言葉を言ってくれる人のところにしばしば足を運ぶ、というと
    ころがあるみたいなんです。前に書いた母校の先生や職場の先輩は
    そういうことを言ってくれる人でしたし、よくめんどうを見てくれ
    た卓球部の同級生もそうです。
    エネルギーの要ることなのにみんな、めんどくさいことをよく引き
    受けてくれたなあ、と思います。

    自分が何を書いていたか忘れていたので「散文」のところを読み返
    してみたんですけど、わりとていねいに書いてますね。
    今の書き方は日常の「記録」になっちゃってて、「散文」にまで至っ
    てないかな。気持に余裕がないのでしょうけど。

    長くなりそうなのでここでいったん送信します。

    コメント by pug — 2009/3/10 火曜日 @ 11:23:30

  3. >viva jijiさん

    続きです。

    >先に生まれた者は必ず先に”弱って”いきます。
    >優しい親も怖い親も強い親も小心な親もすべからく。
    >相手が倒れて身動きも取れなくなったときに
    >親と自分との関係性の真実が露呈します。
    >元気な今はわかりません。みんなそうです。

    詳しいことは書きませんけど、父はもうほとんど弱ってます。
    弱っていく父を受け入れるのはかなりしんどかったのですが、
    なんとかできてますね。若いころの話をもっと訊いておけば良
    かったかなという思いはありますけど。

    母の場合はどうなるのかなー。ちょっと想像付きません。いつ
    も一方的にあちらの話を拝聴しなきゃいけない(笑)形になっ
    ちゃってますから。それがしんどくていろいろ逃げ出してきた
    のですが。

    も一回送信しちゃいますね。

    コメント by pug — 2009/3/10 火曜日 @ 11:24:05

  4. >viva jijiさん

    3度目のコメント返しです。

    >vivajiji流、客観的に書くヒント、
    >その①・・・
    >えらい編集者さんに読んでもらえたらなぁ~って書く。

    わかんない書き方はだめだよーって突っ込まれるか、今のだと
    (笑)。
    ネタをもっと考えてみたら?とも言われそうな気がしますね。
    今までいちばん書いてきた「読書」を書けないのが、わたし的
    にはあれあれ?という感じです。
    難しいものを読む余裕は今ないのですが、ちょっとずつ読書は
    してますので。

    >その②・・・
    >これで原稿料がもらえたらいいなぁ~って書く。

    最初のつかみに工夫が要るかな?
    viva jijiさんはなかなかお上手だと思っていますが。
    読者を乗せる工夫、みたいなものも。
    突っ込みどころを作るとか。それがコメントに繋がると思うし。

    >・・・
    >書き方、変わらないかい?(笑)

    というわけで、いろいろヒントをいただき、ありがとうございまし
    た(^^)。

    今年は自分の気持ちを切らさないために、毎日ブログを書き続ける、
    というのを自分に課していますので、今の仕事の状態だと気持に余
    裕がないまま下書き→朝読み直してアップ、というのはなかなか改
    善できないと思うのですが、休みの日には少し工夫をしてみたいと
    思います。

    コメント by pug — 2009/3/10 火曜日 @ 11:24:52

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.332 sec. Powered by WordPress ME