2010/5/1 土曜日

ぱぐさんの設定したハードル高すぎ!Σ(~∀~||;)

Filed under: マザーグース,日記,旅行 — ぱぐ @ 6:24:18

と、こちらにもよくコメントくれる
同級生のあきんこから言われました。

英語の話なんですけどね。

わたし、20年近くマザーグース学会の会員
(今はなんと理事にもなってます)ですが、
英語の文献は読めません。
マザーグースぐらいでしたら、
なんとか自分で意味をつかめますけど、
それでいいのか?
といつも関東支部例会での勉強会に出ると思っています。

大学での英語の勉強がたいへんでした。
教養課程(2年から各専攻学科に行く)で
全員2年間は取らなきゃいけないんですが、
英語による英語の授業。
それも読みもの系と
あれはなんだろう、簡単な論文みたいな
ものだったのかな、2種類の講義がありました。

最初に仕訳テストがあって、
英語はできるクラスとできないクラスに分けられました。
もちろんわたしはできない方のクラス。
国文か日本史やるつもりだったのに
「あなた方のようなひとが、
 英語で発信できるようにならないと」
とか言われて、えーそんなの無理だよーと思った。

ぜんぜんついていけなくて、
いろいろ原因ありますが、
大学がいやになったきっかけのひとつになりました。
第2外国語のフランス語はもっと悲惨で、
1回落第しています。
そんなのでも、なんとか4年で卒業させてもらえたわけですが。

親友Sさんとシンガポール&ペナン島旅行をした時は、
わたしが英語で交渉する係にされちゃって、
(大学出てるんでしょ、と言われてもできないものはできないの)
片言の単語並べてやっと通じたような記憶が(泣)。

半年遅れの新婚旅行はわたしの希望で英国にしたんですが、
英語の交渉係はすべて家人に任せていたら、
「なんなんだ、きみは」
と言われてしまいました。
(家人は仕事の関係で英文を読むことがあって、
 わたしよりできる、はずです。
 海外出張したこともあるし)

ロンドンの街中で大げんかして、
「もうホテルに帰る!」
と家人が足音も荒くどんどん行ってしまった時は、
置いてかれたらたいへんだと思って
あわてて追いかけました(笑)。

まあよくあれで成田離婚にならなかったよなー(^^;)。

映画は字幕が付いていれば、ときどき単語が聴き取れる程度。

小説は翻訳で内容をよく知っているものを
声に出して読まないとアタマに入りません。
というか、ほんとに入ってるかな。
流れとしてつかめないんですよね。

6件のコメント

  1. ご~ふる・たうんBBSから来ました。

    昔は、ほむらさん、荻原さんもいらっしゃってたんですか。

    わたしは、2月くらいから参加してるんですが、多分一度もお会いしたことありません。

    マザーグース読まれてるんですね。「英詩を愉しむ」(平凡社)という本で英詩に興味持ちました。英詩は、韻がきれいだなと思いました。

    mixiもやっていて、サモトラケのニケがキーワードになってます。宜しければ、mixiにもお越しください。(主にmixiの日記を更新するのが主体となってます。

    マザーグース、絵本のマザーグース読みたくなってきました。

    コメント by konux — 2010/5/1 土曜日 @ 19:49:11

  2. >konuxさん

    いらっしゃいませ♪
    そうなんです、最初は歌人仲間の方々
    (ほむらさんは「かばん」所属なのでその関係の方とか)が
    多かったんですよ。
    荻原さんは今も管理人ですしね。

    わたしは歌人というほど歌は作っていませんし
    大してうまくないんですが、
    マラソン・リーディングという朗読大会には
    観客として何回も行きましたし、誘われて
    打ち上げ会にも参加しています。
    観た時の感想がありますから、興味がおありでしたら
    「マラソン・リーディング」
    で検索を掛けてみてください。

    いまごーふるにおうちをお持ちの方だと、
    けしざきさんとか、のばらありすちゃん、
    ムーンライトさんはその時にお目に掛かっています。

    マザーグースおもしろいですよ。
    いろいろ絵本も出てますから、探してみてください。
    mixiはやったことないんです、すみません。

    またよかったらお越しくださいね。

    コメント by ぱぐ — 2010/5/1 土曜日 @ 21:16:38

  3. いやいやいや(^◇^;)
    私の名前が出ていて一瞬、焦りましたよ〜〜。
    ぱぐさんってもしかして、英文科だったの!??
    私、てっきり国文科だとばかり思ってました!!!
    だって大学で私、「英語による英語の授業」なんて
    やらなかったですよ〜。
    英語はあれ、慣れしかないんじゃないですか?
    要は言葉なんだから、現地に行ってむりやりにでも
    接していれば上達するって。
    反対に今生活に必要無いのに、そして特別好きでもないのに
    やれって言われてもそうそう出来るものでもないと思いますよ〜。

    コメント by あきんこ — 2010/5/1 土曜日 @ 23:55:09

  4. >あきんこ

    名前出してごめん、あせっちゃったかな(笑)。

    わたしが英文科のわけないでしょう(^^;)。
    イメージ通り国文科ですよ。
    文学部しかない学校なんだけど、国文でも日本史でもとにかく、
    英語には力を入れてるところだったのよ。

    あきんこは英文科なの?
    マザーグース学会の会員には大学の研究者がいるんだけど、
    この「英語による英語の授業が苦痛でした」
    と話すと、びっくりされます。

    言葉を覚えるのにいちばんいいのは、
    その国の恋人を作ることだとかいいますね。
    わたしはそういう勇気もないわ(笑)。

    コメント by ぱぐ — 2010/5/2 日曜日 @ 6:19:10

  5. 国文科でそれって、かなりすごいね!!
    私は英文科ではなく、法学部です。
    英語の文学には全く興味無く…
    心理学部か法学部に入りたいと思っていました。
    結局ミステリが好きなんですよね〜。
    サイコものに心理学って関係してくるし、
    法廷ものには法学が関係してくるし。
    授業サボる人も多い中、私は結構マジメに授業でてました。^^;

    コメント by あきんこ — 2010/5/2 日曜日 @ 13:30:09

  6. >あきんこ

    うん、だからさー、入ってから学校選び失敗したと思った(^^;)。
    だって入試の英語も問題がよくわからなかったんだよ。
    作文があったので、それで取ってもらったんじゃないか
    と思ってます。
    マークシート方式だったらきっと全滅だね。

    ちなみに、専攻は2年になる時に選ぶんです。
    わたしは国文か日本史か迷って、母校のM先生に
    相談したら、
    「あなたは文学よ」
    って言われたので、そうかなあと思いながら
    国文科にしたといういきさつがあります。

    あきんこは法学部なの。
    勤めてから経済と法律の勉強をしなくちゃいけなくなって、
    だいぶ苦労しました。
    税金のことなんかは今でもすこし役に立ってるけど、
    あとはみんな忘れたー(笑)。

    コメント by ぱぐ — 2010/5/2 日曜日 @ 16:02:04

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.306 sec. Powered by WordPress ME