2010/4/30 金曜日

家人に注意するパターン

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 6:30:19

お子さんがいる同級生に訊くと、
ダンナは空気みたいなもので、
いてもいなくても同じだという。

「それって向こうもそう思ってるわけ?
 でもご飯は一緒に食べるんでしょう?」
「食べるけど、別にねえ……」
話すことなんか、何も思いつかないんだそうだ。

よけいなお世話かもしれないけど、
こどもっていつかは離れて行っちゃうんだから
(ちゃんと巣立ちさせてあげてね)、
ご亭主とふだんから仲良くしておかないと、
ふたりだけになった時、とっても困ると思うよ?

それに夫婦が仲良くないと、
こどもはそれに大きく影響されます。

何回も書いてますが、
わたしは思春期以降、
母がヒステリー気味で父がすぐカッとなる、
というあまり精神的に恵まれない家庭に育ちましたので、
(その理由はそれぞれあったと思いますが)
「うちに帰りたくない症候群」が長く続きました。

結婚相手も自分の母親のうるさいところがいや、という人なので
説明しなくてもその感覚は同じだから
なんとかうちは続いてるんだと思いますが、
なんかだんだん、家人に注意するパターンが決まってきたような気が(笑)。

「ねえ、自分のことばっかり考えてちゃだめなんだよ」
怒られる立場しか経験してないせいか、小学生男子だから(笑)。
やっぱり犬を飼ってみるべきだな。
弱いものの面倒見る経験が必要だと思う。

「わたしに注意されるなんて恥ずかしいと思いなさいよ」
これは、たぶんわたしにしか言えない注意でありましょう(笑)。
要領が悪くて、
こどもの時から父には「馬鹿」とか「間抜け」
とか罵詈雑言(?)言われたし、
一生懸命なにか変な方向に走る、
というところがあって、
常に注意してくれる人がいたんですよね。
疲れる、と言われたこともあります。申し訳ない(^^;)。

あとねー、毎日
「今日もお風呂に入るの?」
ってのはやめてくれない!(怒)

入るに決まってるじゃんよ、
だるいとかしんどいとか言ってるんだからさ。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.292 sec. Powered by WordPress ME