2007/2/19 月曜日

元近衛連隊司令部(国立近代美術館工芸館)

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 1:26:22

大手町に勤めていたころ(1988年から約10年)、丸の内や日本橋の古い洋館を眺めるのが好きだった。建物を満喫するために、わざわざ三井本館に入っている銀行に仕事で行った。天井が高くて今の建物ではない柱の飾りなんかがイイ。

三井本館が新しくなってから行ってないんだよなあ。美術館や期間限定のプラネタリウムに行きたい。

日本橋のデパートでは行ったのは三越が一番多いんだけど、建物としては高島屋が好きです。

学生の時は新丸ビルの中の会社でアルバイトしたことがある。

最近のあの辺の新しい建物はなんだか疲れるので、好きじゃない。東京駅がどんな風に再生されるのか心配と期待が半々。

竹橋の国立近代美術館工芸館

さて、今日はLさんをお誘いして竹橋の国立近代美術館工芸館に行った。ここは昔の近衛連隊司令部があったところで、煉瓦造りの建物が一棟、ぽつんと皇居に向かって建っている。初めてここに行ったときはえらく興奮してしまった。オブジェなんかではない実用品の工芸が揃っているというのも好み。

蒔絵の人間国宝だった松田権六展、60を超える手順を並べてある螺鈿の丸い箱と、梅のお椀五客一組が良かった。工芸品は使ってなんぼの物だと思うんだけど、あの中で実際に使われたものはどのくらいあるのかなあ。作られてすぐ美術館お買い上げではつまらない。

世田谷美術館で富本憲吉展をやっているので、それも行くつもり。

ここ数年、先立つものがなくて本は手持ちを読み返し、美術館や博物館はテレビ見物で我慢、旅もあまり行けなかったので、文化的な?生活を意識して過ごそうと思う。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.283 sec. Powered by WordPress ME