2010/4/28 水曜日

何かに特化した眼

Filed under: 読書,日記 — ぱぐ @ 7:01:39

子どものころから本ばかり読んでいたから、
わたしの目は読書仕様になっているらしい。

暗いところでこっそり読んでいて目が悪くなり、
小学1年から眼鏡をかけていた。
母が乱視でその影響もある。

数年前から老眼になっています。
校正のアルバイトを始めたときに
アタマが痛くなるから
どうもおかしいと思って眼鏡屋で検眼してもらい、
上が遠く用、下が近く用の眼鏡を作った。

今また目を使う仕事
(パソコン。一日中さわるわけではありませんが)
をやっているので、一度検眼に行くかなあ。
今度は目医者で。
子どものとき掛かっていたS先生のところに
久しぶりで行ってみるかー。何かのついでに。

家人はパソコンソフトの開発者ですが、
あの仕事はパソコンをじっと見ているよりも
考える時間がけっこう長いのだそうです。

まあ、しかしあれだけパソコンに向かってて
よくもまだ老眼にならないもんだ
(わたしより4つ年上)、
と感心していたら、
「パソコン仕様の眼」
になっているらしいとのこと。

すごい、そんなのあるんだ。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.293 sec. Powered by WordPress ME