2010/4/12 月曜日

5年ぶりの中高学年同窓会(8)

Filed under: マザーグース,読書,日記 — ぱぐ @ 6:25:33

中1で担任だった英語のK先生には、
前にマザーグース学会のことを年賀状に書いたのですが、
ご挨拶した時にそのことを言ったら、
教材の研究発表でマザーグースを取りあげた会員を
覚えているとのこと。
先生も授業に取り入れてみたことがあるとか言っていたと思う。

先生に勧められて聴いたNHKラジオ「基礎英語」(小島義郎)に
マザーグースの歌の時間があって、それで初めて意識したのが
わたしのマザーグース歴の初めです。その前に愛読していた
ドリトル先生にも出てきていたんですが。
肩書きがなんにもないのに、理事というのになっちゃいましたよ、
と言ったら、笑って肩を叩かれました。
今は自分の時間をどう使うか考えているところだとか。
合唱と太極拳をやりたいと言ったのがK先生だったっけ?>同級生のみなさん

高2の担任だった化学のK先生は、初の担任ということで
張り切っていたのでしょう、クラスのみんなの誕生日に
文庫本をくれたのを覚えています。
本屋のカバーの見返しに一言書いてあったんですよねー。
わたしは『中原中也詩集』だった。
本がどっかに行っちゃって、なんと書いて
もらったのかは思い出せない。
転職した話にはみんな驚いたようですが、
幼稚園の園長も合ってると思う。

4件のコメント

  1. 化学のK先生が
    「私の役目は教諭を叱ることと、保護者対応」みたいなこと言ってらしたでしょ?
    私は小さな団体を任されているんだけど
    保護者対応はできても、指導陣を叱れなくてトップとしてはまだまだだと
    最高責任者からいつも言われます。
    好むと好まざると、立場にあった振る舞いをするのが必要だとは理解しているけど、なかなかうまくいかない。
    K先生はそのあたりの切り替えが上手そう。
    フランクに話せる顔と園長として顔をちゃんと持ってるもの。

    コメント by がな — 2010/4/12 月曜日 @ 8:29:36

  2. >がな

    うん、むずかしいことだね>立場にあった振る舞い

    わたしは母校で教員になるとしたら、
    N校長先生の元でなりたかったんだけど、
    「朝、夫婦げんかをしてから出てこないように」
    というご注意が先生方にあった、
    と聞いたことがあるよ。
    大事なポイントだな、と思います。

    K先生は歳が近いこともあって
    わたしたちにはとてもフランクだったけど、
    自分が教わった先生たちに混じって仕事するのは
    どうだったんだろうね。

    わたしも志望通りなら、そうなっていたわけで……(笑)

    コメント by ぱぐ — 2010/4/12 月曜日 @ 16:17:49

  3. 恩師と同僚のような付き合いはできないなぁ。
    職員室内でも先生と生徒の感覚は残りそうに思う。

    コメント by がな — 2010/4/12 月曜日 @ 21:32:33

  4. >がな

    やっぱり敬語は使っちゃうかな?(笑)
    数学のS先生は、もう最近は名前の方で呼んでくれるようになったよ。

    コメント by ぱぐ — 2010/4/12 月曜日 @ 22:37:44

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.295 sec. Powered by WordPress ME