2006/2/14 火曜日

なつかしのディーン・トービル組

Filed under: 日記 — pug @ 22:33:59

フィギアスケート、アイスダンスのディーン・トービルというペアを覚えているひとはいるかなあ?

ラベルの「ボレロ」に合わせて踊るんだけど、とにかくかっこよかった。
イギリスのペアで、ディーンが女性、トービルが男性。

ネットで調べると、1984年のサラエボ五輪で9人の審判全員から6点満点をもらったのだという。

わたしはたぶん、その前のNHK杯かなんかで観ていて、すっかり魅せられてしまったのだった。
写真を探したんだけどサラエボの時のはなく、2年後に日本で写されたものがあっただけ。こんな顔だったっけ?

同じころ、女子シングルで活躍していたのはカトリーナ・ビット。まだ東ドイツという国があったころ(ベルリンの壁崩壊は1989年)。男子シングルはアメリカのハミルトンが優勝しているが、名前に覚えがある程度。

84年は「ロス疑惑」の報道が始まり、グリコ社長誘拐があった。
わたしは大学生になった年なのかな。……3月に高校を卒業したのか。ってことはサラエボ五輪は高三のときなんだ。おー(おどろいている)。

トリノ五輪は、生中継の時間が遅いんで、朝出勤前に結果を知る程度。生で観ていたら仕事に差し支えるのでざんねんだけど。
注目しているのは、女子スピードスケートの岡崎朋美、カーリングの女子チーム、女子フィギアかな。人気の安藤美姫より荒川静香・村主章枝の完成度が楽しみ。

そうそう、長野五輪ジャンプ団体の逆転優勝は、沼津に行っていて、車の中で中継を聴いていました。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.342 sec. Powered by WordPress ME