2010/7/5 月曜日

背の高さが性格形成に与える影響

Filed under: 読書,日記 — ぱぐ @ 7:40:51

両親が二人とも小柄だからか、
わたしはこどもの時から、ちびだった。

小学生の時は1番前か2番目だったし、
中高のころもせいぜい5番目くらいでしたかね。

ごはん食べるのは好きだし、
牛乳もずいぶん飲んできたはずですが、
背は伸びませんでしたね。
いまは153cm。

背の高さって、性格形成にどのくらい影響するものなんだろう?
わたしはちびでも意気軒昂というところがあると思うんですけど、
じゃあ背の高い人はおっとりしてるか?

いつも人を見上げていて、
負けるもんかと思っていると
強気な人間ができあがりますね。
三島由紀夫は小柄だったと聞いたことがある。

下を見下ろしていると、
全体が見渡せていいかもしれない。
リーダー向き?(笑)
背が高くておっとりした感じの友達を
思い浮かべているんですが、
それは背の高さと関係があるのかどうか。

漱石はロンドン留学時、
英国人の背の高さにかなりコンプレックスを持ったそうですが
(当時の日本人は全体に小柄だったんですけど、
 漱石はやや小さいくらいだったかな)、
それもノイローゼの原因の1つになったかもしれませんね。

HTML convert time: 0.325 sec. Powered by WordPress ME