2010/5/18 火曜日

メアリー・ポピンズのような?

Filed under: 読書,映画,日記 — ぱぐ @ 5:57:44

にっしゅさんのブログ
「……わたしはやっと「先生」と呼ばれることに
慣れてきました。
補佐とはいえ決して甘くはないので、
子供たちあまく見るなよ~(笑)と
いうところです。」
というコメントを書いたところ、

「……ぱぐ先生、なかなか厳しそうですね♪
 ちょっとメアリー・ポピンズみたいなのかなーなんて想像してます。」
というお返事をいただきました。

メアリー・ポピンズ!

本は中高生のころでしょうか、
すこし大きくなってから読んだような気がします。

中1の音楽の時間に
「サウンド・オブ・ミュージック」を初めて見て、
それ以降ジュリー・アンドリュースのファンなんですが、
ディズニーが作った映画「メアリー・ポピンズ」
(ジュリーの映画初出演にして初主役。
 これでアカデミー主演女優賞獲得。
 わたしが生まれた年に日本公開!)を
初めて見たのはいつだったかあ。

スクリーンで観た覚えはないのでテレビ放送だけだと思いますが、
公園で鳩にえさをやるという歌
<2ペンスを鳩に(Feed the Birds)> が物悲しくて好きです。

けっこうキビシイんですよね、メアリー・ポピンズは。
めったに笑顔を見せないし、何かする時に説明してくれない。
あの家のこどもたちは厳しい父親と
女性参政権に夢中でナニー任せな母親という環境で育っているので、
そこを見越しているのかもしれませんが。

最後もお別れを言わず風船に乗って飛んでいってしまうし。

まあ、教育なんてのはすぐ成果の出るものじゃないので、
何十年か経って、
「そういえば、あの時、先生があんなこと言ってたな」
と思い出してくれればいいんじゃないかなぁ。

大人になってはじめてわかることって、いっぱいあると思うんですよ。
当たり前だと思ってたことが、ちっとも当たり前じゃないとか、
それは準備してくれた人がいて成り立っていたんだとか。

内田樹さんが前にこんなことを書いていました。

 私は「卒後教育」ということをつねづね申し上げているけれど、
 学校教育というものは卒業したら「おしまい」というものではない。
 卒業したあとも教育は続く。
 卒業時点での成績だの資格だの免状だのスコアだので教育効果を
 測定することはできない。
 卒業生たちが臨終の床において「ああ幸福な人生だったなあ」と
 振り返ることができるようになるためには、卒業後の自己教育が
 不可欠である。

この続きもなかなかいいことが書いてあるので、
読みたい方は「卒後教育の要件」へ。

HTML convert time: 0.324 sec. Powered by WordPress ME