2010/5/10 月曜日

乱世を生き抜く知恵

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 6:11:57

ギリシャで暴動が起こって、死者が出たという。
前の政権が国の大赤字を隠していたから、
その後始末で国民に大増税をお願いすることになって
猛反発を買ったからだ。

日本も赤字多いですからねえ。
人ごとじゃないですよ。

乱世のことを書いた本を読むと、
だいたい天候不順のことも書いてある。

平家物語には、天候不順のことが出てから
戦の様子が語られます。
あれって、昔の人がなにか不吉なものを感じたんでしょうね。
天候悪いと作物が育たないし。

この不景気(まだまだ続くと思う)で、
ころころ状況の変わっていく中では、
知恵でなんとか乗り切っていくしかありません。
カネで始末が付く時代はもう終わった気がする。

いま持ってる人は別ですよ(笑)。
そういう方には大いに使っていただきましょう。
できたら、自分のためじゃなく、世の中のために。

1人で生きていくわけじゃないですから、
(死ぬ時は誰でも人のお世話になるわけですけど。
 身内にしろ他人にしろ)
人とどうやって意見のすりあわせをしてうまくやっていくか。

まず自分をよく見つめ直すこと。
自分がどんな人かわかれば、振る舞い方も考えるでしょ?
で、よその人がどんな人なのかよく観察すること。

で、どんなことを言えばだいじょうぶなのか、
どの辺で気が合いそうなのか
(全部合う人なんていないんですから)
試行錯誤すること。

わたしはどうも最近おしゃべりになっているらしくて
気が合う方には喜ばれていますが、
失礼だと思ったりする人もいらっしゃるみたい。

まずいと思ったらすぐ謝るようにしていますが、
あとから言われたり、いないところでああだこうだ
言われても困る(不在中に言われるのは不愉快でもある)。

修正の仕様もないし話がしにくくなっちゃいますから、
その場でさらっと言ってください、
とお願いすることにしています。

遠慮はぜんぜん要らないんです。
ある程度は打たれ強いから、傷ついたりもしませんし。
まあ、わたしのあまりのズバリ加減に引く人もあるらしいけど(笑)。

とにかく、知恵を絞って
生きにくい世の中を渡っていくしかないんじゃないかな。

HTML convert time: 0.327 sec. Powered by WordPress ME