2010/5/7 金曜日

プロにはプロなりの仕事を求めたい

Filed under: 読書,野球(中日ドラゴンズ),日記 — ぱぐ @ 4:58:56

といつも思う。

プロ野球を見ていても
(高校生より下手な守備を見せられるとがっかりする)、

本を読んでいても
(今読んでるのは塩野七生と塚本哲也。満足満足)、

スーパーで買い物しても
(毎日買い物する主婦パートさんに訊くのがいちばんわかる)。

わたし的に一番腹が立つのは
本のことを知らない本屋の店員かしらねえ。
どうしてもわからない時だけ店員をつかまえますが、
(あ、この人本を読まないな)
ってのはすぐわかります。

わたしは自分が就きたい仕事に就けなかったせいも
あるかもしれませんが、
「でもしか●●」
というのがきらいでねえ。

今までいろんな仕事をやってきましたが、
最初どうかな?と思っていても
けっこうできるものなんです。
覚悟を決めて覚える気があれば。

給料が安いから適当な仕事でいい、
じゃないんですよ、仕事ってのは。
ちゃんとこなさなきゃ仕事じゃないです。

今の仕事も素人同然のところから始まりましたが、
知らないこと、できないことがあったら、
すぐ訊くようにしています。
初めての仕事だと、
知らないことはたくさんあるわけですよ。

教えてもらったことは自分のものにし、
自分でも勉強しながら
一人前に仕事ができるよう目指しています。
できることが増えると楽しいしね。
(こういうこと書くと、またあきんこに
「ぱぐさんのハードル高い!」って言われるかな(笑)

あとね、頼む方もどうやったら相手に気持ちよく
仕事してもらえるか考えるのがプロです。
今の職場はそういうことをうまくやる名人がいて、
むしろわたしはブレーキ掛けられてます。
きっともう性格を見抜かれてるんだと思いますが(笑)。

対照的に、人に頼んでおいてから、
「ほんとにできるんですか?
 できないんだったらよそに頼まなきゃ」
とか言う失礼な人がいるんですよねえ。
あんた、頼んどいてなんだその言いぐさは、
と思ってわたしゃ、思わず声を荒げましたよ。

大人になりたいのに、これじゃなれないじゃないか。

内田樹「大人への道」に賛成。

HTML convert time: 0.323 sec. Powered by WordPress ME