2010/3/6 土曜日

国立ハンセン病資料館の図書室にて

Filed under: 神谷美恵子,読書,日記 — ぱぐ @ 9:45:39

4月からの(稼ぐ)仕事にひとつ応募している。
応募締切は来週。
まずは書類選考、通れば面接、
受かれば晴れて勤務開始。

このご時世、競争者は多そうだし、
そこまでゆくかどうか、先行き不透明です。

くよくよしてもしょうがないので、
<ゆっくり考える時間を与えられた>
と思うことにした。

力仕事ではなく、頭を使うので、
前職よりはへこたれない(^^;)と思うけど……

先日、久しぶりに国立ハンセン病資料館@東村山に行った。

図書室で、神谷さんの本をちらちら読んだり、
光田健輔(資料館がある全生園の創立者の一人、
長島愛生園の初代園長も勤める。
長らくハンセン病の
医療行政・実際の研究に携わった)
の伝記の拾い読み。

光田健輔はハンセン病に大きく関わった人物で、
国から勲章をもらったりしている。
没後すぐの伝記は、美点を強調している感じで
また評伝の書き方について考えさせられた。

前にも書いていると思うけど、ハンセン病については
むかしと状況がいろいろ変化しているので、
書くのがむずかしい。

携わった人たちについても、
今の目から見れば違和感があっても
その時点ではそういうことでした、
という以外になんともしようがない。

歴史は変えられないんだものね。

HTML convert time: 0.330 sec. Powered by WordPress ME