2009/1/26 月曜日

人が良すぎるところがあるので心配

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 6:32:22

と、ある人からメールをもらったのだけど、まぁ確かにね。

母を反面教師にしてるから、どうしても好きになれない人は別として、原則としていやな面は見ないでいいところを見るようにしている。
お世辞は言わないし(だからコールセンター向きじゃないのか?(笑)、いやだったらいやだとはっきり言うから、そこがわかってもらえるとけっこう仲良くなれる。

まあ中には人の良さに付け込んでくるような人があるかもしれないけど、計算して近づいてくる人はわたしもわかるから、そういうのは断固拒否か、露骨にいやな顔をする。できたらつき合いたくない。

どうしても一人、つき合わないとまずい人があって、我慢してるとストレス溜めるから、はっきり嫌々光線を出すことにしたら、向こうもやっと気がついたらしい。
なんであんなに文句が先に立つのか、あと詮索したがるのか理解できないんだけどねぇ。
あれじゃあ、ほんとに親身につき合うひと、いないだろう。だって誰も信用してないんだもの。

人間関係って相対的なものだから、こっちがいやだ、とか不穏な空気を出していると向こうもそれはキャッチして、それに応じた対応しかしてくれなくなる。いったん出来たイメージはなかなか崩れないし。

と、いうようなことを昔、職場の先輩に言われてよく考えたんだけど、ほんとに最近そうだよなあと思っている。年齢が上がってくると、表面的なつきあいが楽だからそういう風になりがちだし。

まあでも、この歳になって新しくできた知り合いがいろいろ話のできる相手で、励まし合ったり人生論みたいなことも話せるのはありがたいと思う。
ここんとこ、ちょっと迫りすぎだったので(笑)、ゆっくりじっくりつき合っていきたいと思う。
申し訳なかったね。
遠慮なく言ってください。納得できれば対応できるから。

……
<きのうの夕飯>
帰りに夕飯の献立を決めてから材料を買うのがめんどうで、家人に電話して
「何がいい?」
と訊くと、めんどくさがるので結局わたしが決めることになる(笑)。
仕事だと決断力あるのに、なんでだ?(笑)

豆乳鍋にした。豚バラ肉、白菜、大根、人参、長葱、ぶなしめじ。
〆にうどん。
玄米茶。

HTML convert time: 0.325 sec. Powered by WordPress ME