2009/1/20 火曜日

書き続けたメールのちから

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:47:20

コールセンターの同僚Oさん(同期)に逢った。

11月の半ばに仕事が終わったあとメールアドレス交換をして、約2ヶ月、ほぼ毎日メールを書いていた気がする。即返信もあったので100通を超えているのではないか。もらったのはもう少し少ないけど、それでも70通くらいはあるような気がする。

わたしはブログを書いているのでもわかるようにもともと書くことが好きで、ひとのブログにコメント書くのも好きだし、20代のころあちこち旅行していた時は、毎日旅日記を書いてさらに知り合いに絵はがきを出す、という超筆まめだった。ノートに長い長ーい日記を書いていたし。

人から手紙をもらうのも大好き。
手紙(含むメール)は、その人のために書くものだから、反応がよければもっと書こうという気になる。

たぶんOさんは、その反応がとてもよかったんだと思う。
業務中はコールの合間だったり、お昼や休憩時間に話すくらいで、一対一でゆっくり話したことはなかったのに、この二ヶ月のメールのやりとりで、ずいぶんいろんなことを話題にした。

わたしの仕事がなかなか決まらなくて励ましてもらったり、Oさんの悩み事、人生経験のあれこれ、文面でないと書けないことをわたしもずいぶん書いた。

あとで読み返すとかなり恥ずかしかったりするのだけど(笑)、でも書いている時は真剣に書いて真剣に読んで、ブログを読んでくれてるのも知っているから、激励書いてるのにこっちもいい加減なことできないよなぁと励みにしていた。

返信が来ない時は、読んでくれるだろうからそれでいいやと思って、長いメール(だいたいわたしが書くと長い)を書く。だいたい今日は何があったという報告なのだけど。

いい加減自分でもちょっとしつこいかなと思ったが、毎日書いているとブログと同じで習慣になって100通という積み重ねになったわけです。

前に渡せなかった神谷さんの本(『神谷美恵子の世界』『人間をみつめて』 *訂正:『遍歴』でした。神谷美恵子コレクション、みすず書房←これで合ってるよね?)をプレゼントした。
なかなか読む暇ないと思いますが、少しずつでも読んでもらえればなんでわたしがこの人のことを書きたいと思っているか、納得してもらえるはずです。本をあげようと思ったわけも。

Oさんからは小さな犬(訂正:猫ちゃん)が付いたしおりをいただいた。ありがとう。
藤沢周平『用心棒日月抄』(新潮文庫)を読み始めたところなので、さっそく使わせてもらうね。

メールはまだこれからも書き続けるのでよろしく(笑)。
気が向いたらコメントもください。

……
<きのうの夕飯>
というわけで、Oさんと夕飯を食べ、お茶をした。
まずソイ・ラテ。
博多明太子と大葉のスパゲッティ+シーザーサラダ(和風ドレッシングかけ)。
そのあと紅茶をポットで。ミルクティーにしてもらう。

Oさんはソイ・ラテ。ミートソーススパゲッティ+シーザーサラダ(訂正:海鮮サラダ。イタリアンドレッシング?)。あとアップルジュースだったかな。

HTML convert time: 0.354 sec. Powered by WordPress ME