2009/1/9 金曜日

年賀状の文面から

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 5:19:08

前にも書いたように、今年は逢う人を増やそうと考えているのですが、年賀状だけのおつきあいになっちゃってる人も、もちろん大勢います。

あれ?と思ったのは、むかしの職場の先輩Sさんが、元旦に届くように出してくれたこと。
いつもこっちが出すと返事をくれて、出し遅れると来なかったりしたのだけど、何か心境の変化でもあったんだろうか……

できたら今年、もう一人やはり職場でお世話になったKさんと一緒にお逢いすることは可能でしょうか、と書いたのだが、実現できるだろうか。
逢うことになれば、17年ぶり(!)になるのかな。

よく帰りに、地下鉄に分かれる階段のところで1時間でも2時間でもしゃべっていたので、他の人が通りかかって、
「またやってんの?」
と笑われたものである。

向田邦子はなぜ、おぢさんに人気があるのか、なんて話をしたことを覚えている。
Sさんはラジオでドラマを聴いたことがあると言っていた。「森繁久弥の重役読本」とかのことだろうか。
わたしは「阿修羅のごとく」とか「あ・うん」くらいしかドラマは観ていなくて、主にエッセイと小説を愛読したので、そのへんは世代の差である。

……
改めて仕事の契約をしに赴く。
現金が手元にないし扶養家族でもないのでめいっぱいの時間を希望したのだが、まずは短い時間での契約になりますということなので、体慣らしのためにも一日6時間でやっていこうと思う。認めてもらえれば長くすることはできるらしいので。
ある人に逢う楽しみのためにがんばるぞ♪

年明け、初めて整骨院に行く。腰が意外にキテいた。
やっと仕事が決まって、今度は立ち仕事ですからまたしょっちゅうお世話になると思います、と担当の整骨師に言うと、大受けした。

……
<きのうの夕飯>
家人はわたしが働くのは当たり前だと思っているふしがあるので(笑)、決まっても
「おめでとう」
とは言わなかったが、わたしの方から要求して近くの焼鳥屋へ。
年末に持ち帰りをしたところ。
冬はおでんがあるのだがまだ食べたことがなかった。

ホッピー黒。レバー、テッポウ(シロ=小腸のことらしい)、豚バラ、カシラ、焼き豆腐と大根のおでん+卵。

年末から持ち越している誕生日祝いで、新宿の十徳という呑み屋に行くことになっているのだけど、そっちでおごってもらうことにしたので、今回はわたしも応分の分を支払う。

HTML convert time: 0.323 sec. Powered by WordPress ME