2008/12/25 木曜日

クリスマスの誕生日に

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:20:54

石井ゆかりの筋トレ「2008年 山羊座の空模様。」より。

2008年の山羊座には、
とても大きくて重大なことが起こりそうに見えます。
そして、それは
いいとかわるいとか、そういう判断は
その瞬間では全く不可能だろうと思います。
そこで貴方が全力で選び抜き、反応し抜いていくとき、
貴方が本質的に望まないようなことは
おそらく、一つも起こらないだろうと思います。
更に言えば、
2008年に起こることは、
その先12年、あるいは15年以上にわたって進む物語の
「スタート」
です。
皮切りで、幕開けです。
幕開けに結論が出るお芝居などありません。
ですから、
ここでは大切なことが起こる、としか言えないのです。

神谷美恵子のことを書こう書こうと思ってきた。

それは単なる経歴や実績の話ではなくて、神谷さんがどんな風に人と接してどんな風に考えていって、その生涯を送ったか、という心情・考え方をたどりたい、ということなのだけど、今回わたしも自分自身にいろいろ試される機会を得たわけなので、そういうことは書く時の力になりそうな気がする。

どんな形で書き上げるにしても、ぜひこの人には読んでもらいたい、という人が見つかったわけだし。

年明けに神谷さんの本をあげる約束をしているので、その人の反応を楽しみにしている。
無理にわたしの期待に合わせてくれる必要はないけど(今回よくわかったし)、読むことで何か支えになったり考え方を変えたりできるのであれば、それでいいと思っている。
一度だけ読むのじゃなく、すこし経って読めばまた感想も違ってくるだろう。そういう読み応えの本であるはずだ。

気持ちが落ち着いてわたしといろいろ話せるようになるまで、待ってるからね。その時はもっと自分のほんとの気持ちを出してかまわないから。それできらいになったりしないよ。

ブログを書くのにも読者の顔が思い浮かぶ方が書き甲斐がある。

愛情関係についても
冒頭から述べた「大事なこと」が起こる可能性は
充分以上にあります。
大事な人に出会ったり、恋に落ちたり
あるいは、ずっとくすぶっていた関係を再度見直したり、と
目を見開いてとっくみあいをする場面が出てくるでしょう。
いずれにせよ、ここは長期的なストーリーの
スタートラインです。
ここで起こったことを土台として、
本当に大切なものを育てるための道に踏みこむことができるのです。

思いがけない形で30年近く(!)前のトラウマを吐き出せた気がするこのごろ。
親友はわたしが悩んでるとそのことばかり言うのをいつも呆れて見ていたけど、また今回も同じことやってるよ(笑)。
トラウマになってしまった相手に再会する機会が訪れるかどうかわからないけど、その時にはきちんと話をできたらいいな、とずーっと思ってきたので、「時を待つ」ことにしよう。

……
今日で43歳になりました。
あーこうして文字にして書くと、すごく重いなぁ。
ほんとに自分が43歳?とか思っちゃう(笑)。
娘か息子がいたら中学生になるのですよね。
そう思うとわたしも年長者になったもんだ……
いつまでも中学生気分が抜けないのですが(笑)。

……
<きのうの夕飯>
整骨院に行った帰りに肉屋で地鶏のもも焼を買う。
誕生日がクリスマスなので、ケーキともも焼は子どものころからセットで食べた気がするけど、ケーキよりもも焼の方が好きかな。いける口ってこと?(笑)
この肉屋は市内でいろいろイベントがある時に唐揚げを出すのだけど、抜群に旨い。

ほかに玉葱と人参のスープ、柿なます、玄米茶。

誕生日だからといって特に大々的に何かしないのが最近のわが家の家風(?)ですが、今日もそんな感じになると思います。

さっき、わたしの方から
「お、今日は誕生日だ」
と言ったら、
「うん」
としか言わなかった(笑)。
あのさー、自分の誕生日と同じ反応するなよ(笑)。

家人は年内締切の仕事を抱えているので遠出できず、年明けにどこかでおごってくれるとのこと。神楽坂の伊勢藤か、新宿の十徳がいいなぁ。

HTML convert time: 0.332 sec. Powered by WordPress ME