2008/12/10 水曜日

いま読んでいる本

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:50:55

ネタに困ると本か音楽の話になります(笑)。

ちびちび読んでいると、どこまで読んだか忘れてしまってまた前に戻ったりするのだけど、最近読んでいる本や雑誌を挙げてみよう。


*阿川佐和子『オドオドの頃を過ぎても』(新潮文庫、2004)
作家の娘に興味があって、露伴の娘・幸田文をはじめ、鴎外の次女の小堀杏奴(あんぬ。鴎外は子供たちにドイツ語っぽい名前を付けている。長女茉莉<まり>も作家だったがわたしの好みではない)、藤沢周平の娘、檀一雄の娘である檀ふみ(女優)などの書いたものを読んできた。
幸田文は娘の青木玉さんやその娘の青木奈緒さんも物書きしているので、4代物書きが続いたことになる。
阿川佐和子のエッセイは疲れている時に読むのにちょうどいい。
文章の強度が強すぎない感じがする。


*大岡昇平『武蔵野夫人』(新潮文庫、1950)
大岡昇平は父の書棚に友だちだった中原中也のことを書いた本があったし、丸谷才一が『文章読本』(中公文庫)でお手本の一つに挙げていたのでたくさんではないが読んだことがある。小説を読むのは初めてかもしれない。
まだ最初の方しか読んでいないが、頭にすっきり入ってくる文章で、大岡昇平ってこんなに文章が上手だったんだ、と改めて感心している。
作中の事件が起こるまでの人物描写、国分寺界隈の風景描写、登場人物の来歴や人間関係がコンパクトにまとまっていて、すごいと思った。

こういう調子で書けば神谷美恵子の来歴もだらだらしなくて書けそうな気がする。
わたしの場合、書けば書くほど長くなるのが問題で、いかに削るかを課題にしなくちゃいけない気がするので。


*大野晋、丸谷才一『光る源氏の物語』上(中公文庫、1994)
お風呂の中で原文のところは声に出しながらぶつぶつ読んでいたのだが、やっと読み終わった。再読。前にも書いたが下巻が引っ越しの時行方不明になったようなので、いずれ下巻を入手して続きを読むつもり。

「オール讀物」2008年12月号
特集は「時代歴史小説大全」。
松井今朝子さんの「円朝の女」シリーズは前から愛読しているが、今回は「時をつくる女<ひと>」。柳橋の芸者から三遊亭円朝の女房になったお幸の話。落語家というより、噺家というのがふさわしい時代。
『吉原手引草』もそうだったけど、誰かがある話題を語っていくという手法が好きなのかな。江戸弁が読んでいて心地いい。

向田邦子の「怖いことば」という最後の講演録が載っている。
わたしが高校生の時に飛行機事故で亡くなって、ドラマは時々観ていたが学生時代からエッセイを愛読し始めた。妹の和子さんが赤坂で開いていた「ままや」という小料理屋にも何度か足を運んでいる。
「しゃれたよそ行きの言葉ばかりでなく、日常使う言葉で、気取らず自分らしい言葉を豊かに使えることが大事」と語っているが、よそ行きの言葉が使えなくなっている世の中では、まずそちらを身につけないといけないかもしれないな。
わたしも「さようでございますか」なんて日常では使わないので、コールセンターの仕事の時言いづらくて困った。

お母さんのせいさんが9月に100歳で亡くなったので、和子さんが思い出を書いている。


*小池滋『「坊ちゃん」はなせ市電の技術者になったか』(新潮文庫、2008)
小池先生に大学で習ったことがあるという人と話したことがあるが、その人は旧植民地だったところの英語文学を専攻しているらしく、ディケンズなど19世紀の英国文学が専攻の小池先生とは話が合わなかったみたいだ。
イギリスはわたしにとって趣味に過ぎないから、マザーグースでも好きなことが言えるのだけど、これを仕事にしたら嫌いなものも読まなくちゃいけないし人のものを読んで評価することも必要だろうし、楽しいだけでは済まないんだろうな。

この本は日本の近代文学の名作に出てくる鉄道の話なので、気楽に書いている感じがする。もちろん文学的な読みも入っているけど、鉄道という小池先生の趣味の分野から話を始めているので楽しい読みものになっているんだろうと思う。

わたしは国文科だったが近代文学は歴史の流れが複雑すぎてあまり好きじゃなかったのと、もともと古典がやりたかったので近代文学の講義はあまり取っていないし、作品もそれほど読んでいない。
国語便覧はよく眺めたから作品名とかあらすじを知ってます、というのがかなりを占める。

……
<きのうの夕飯>
うちのありもので作る。塩鮭、白菜・人参・ごぼう・大根・生姜入りのみそ汁、納豆、キムチ、だったんそば茶。
お昼に冷凍ご飯を雑炊にして食べきったので、また三合炊き、一膳だけ食べてあとは冷凍に回した。

昼間、ブログの下書きを書いてからまた川戸先生の講演録作りにとりかかる。
BGMは「ラジオ・ビタミン」で音量を落として。
終わってからはモーツァルトの室内楽をオールリピートで。

……
<きのうのWii Fitバランス年齢>
32歳。前日は43歳。このぶれは何?(笑)
ずっとパソコンに向かっているのが苦痛なので、トレーニングもすこしやった。

……
今日からアクセスを習いに府中に行く。
10、11日は午前中に行くことが決まっていて、あとは相談の上決める。

HTML convert time: 0.344 sec. Powered by WordPress ME