2008/11/19 水曜日

竹内まりや「Expressions」

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:22:46

内田樹さんは家にいるのが好きだ、というようなことを書いていたが、わたしもそうかも。
もともと人混みがきらいだし、好きな音楽を聴きながら好きな本を読むのが至福のひととき、というタイプなので。

前日は家で久しぶりにだらだらしたが、きのうも同じように過ごす。
いかに自分がスケジュール通り動くのがいやなのかよくわかった(笑)。
体調回復。朝からうどんを食べる。

竹内まりや「Expressions」をようやく、聴いている。
いろいろ思い出すこと多し。

アイドル歌手としてデビューしたころはあんまり熱心には聴いてなくて、親友が車のドライブのお供によく掛けていたので知り、カラオケなんかでも唄った。

実家のある調布でお茶を習っていたころ、すこし年上の人とアルバム「Quiet Life」(1992)の話をしたこと。その人はダンナと二人暮らしで楽しそうな話しぶりだったので、いいなあと思ったこと(その後、女の子が生まれたが、もう大きくなっただろうな)。

結婚してから家人の名前で山下達郎のファンクラブに入り、山下達郎のツアーはRCAリマスター記念で中野サンプラザで聴いたこと(初・山下達郎生体験)。
山下家MLに入ったので(サーバーダウンで休止していたが最近復活♪)、全国の濃い山下達郎・竹内まりやファンと交流するようになったこと。我孫子にいる時に千葉県人会に出席したことがある。
竹内まりやの武道館コンサートに行ったこと。こちらも初・竹内まりや生体験。

結婚する前から「山下達郎のサンデー・ソングブック」は聴いていたが、特にまりやさん出演の<納涼夫婦放談><年忘れ夫婦放談>が大好きで、MDに録音したのを保存していること。はがきは結婚記念日・家人の誕生日(今年は忘れてしまった)・自分の誕生日しか出さないが、自分の誕生日だとちょうどまりやさんが出る時なのでおめでとう代読を言ってもらえること。

ASAHIネットのパソコン通信で歌を作り始めた時、こんな歌を作ったこと。
<おたがいに「きみ」とよびあうわれわれは達郎・まりやのようにありたし>

ASAHIネットの知人であるひぐらしひなつさん(歌人)と「一日一首・一日一返歌」をパソコン通信の短歌の部屋に交互に書いたこと(1998年の年末から1999年の年頭まで)。わたしのストックを披露してそれにひなつさんが返歌を付ける形。上の歌はその中の一首。ひなつさんの返歌は次の通り。
<日のあたる窓辺に置いた鉢植がもしも愛なら簡単なのに>

アルバム「Impressions」(1994)を一番熱心に聴いたので、この中に入っている曲が一番なつかしい。山下家MLサイトのためにこのアルバムを紹介する文章を書いたこと(1999年?)。

再録する。

『Impressions』は、全曲竹内まりや自身が作詞作曲したムーンレーベルでのアルバム3枚(『Variety』、『Request』、『Quiet Life』)より選ばれた曲と「リンダ」によって構成されているベスト・アルバムである。『Variety』以降、ステージに立つことなく他の歌手への曲提供と、曲が溜まった時点でアルバムを出すという活動形態を取ってきたわけだが、その集大成として『Variety』から10年目にリリースされた。プロデュースおよびアレンジは、夫でもある山下達郎の手になるもの。
 高慢でもなく、自虐に陥ることもなく、自然体・等身大なのが竹内まりやの歌に出てくる女性像だ。十代から三十代までの女心の物語を作りだしている。
 他の歌手に提供した「けんかをやめて」(河合奈保子)「元気を出して」(薬師丸ひろ子)「駅」(中森明菜)「リンダ」(アン・ルイス)のセルフ・カヴァーは聴き比べてみるのも一興だろう。
 ジャケット写真はカート・マーカス。天辰保文による「ポップスの成熟と竹内まりや」という文章、そして山下達郎による曲目解説が付いている。なお、アルバムと同名の写真付き(写真はジャケットと同じカート・マーカス)語り下ろし本がロッキング・オン社から1994年10月に発売された。
 なお2000年秋に新しいアルバムが出る予定だそうだが、18年ぶりのコンサートを経てどんな作品を聴かせてくれるのか楽しみである。

文中にある『インプレッションズ』という語り下ろし本は、武道館コンサートの前に山下家MLで知り合ったファンの男の子と一緒に神保町の古本屋で探したが見つからず、結局アマゾンで買ったんだと思う。

今回はネットを休んでる時でリクエストには結局応募していないのだが、わたしが好きな曲をあげてみると、
September(1枚目6曲目)
Let it Be Me(山下達郎とのデュエット。スタジオで新しく録音。武道館コンサートでは生で聴けたので感激。1枚目14曲目)
もう一度(2枚目2曲目。家人とカラオケに行くとわたしがこれを唄い、家人に山下達郎「Get Back in Love」を唄ってもらう)
色・ホワイトブレンド(2枚目8曲目。中山美穂が唄ったのも好き)
家<うち>に帰ろう(マイ・スイート・ホーム) (3枚目1曲目)
純愛ラプソディ(3枚目2曲目)
カムフラージュ(3枚目4曲目)
うれしくてさみしい日(3枚目12曲目。NHK「SONGS」でピアノの弾き語りしていたのがよかった)
人生の扉(3枚目14曲目)
あたりでしょうか。

……
<きのうの夕飯>
ちゃんと作るようになりましたので、また復活(笑)。
ハッシュドビーフ、豆腐となめこのみそ汁、ベビーリーフと黄ピーマンのサラダ(青じそドレッシング掛け)、納豆、わたしだけご飯一膳、ウーロン茶。

前にも書いたがうちは酒呑み仕様の夕飯で、基本的にご飯を炊かない。そうするとお弁当用に炊くのもめんどくさくなってお米がなかなか減らないのである。
きのうは冷凍ご飯のストックがなくなったのでそのために3合炊いた。ボンカレーとかお茶漬け、雑炊を食べたくなったらこれをチンして使う。

HTML convert time: 0.367 sec. Powered by WordPress ME