2008/10/7 火曜日

神谷美恵子と内田樹

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:08:24

神戸女学院大学に勤務、というつながり。
内田氏の書くものに神谷美恵子の名前を見たことは、今のところない。
たくさん書いてるから、見落としてるだけかもしれないけど。
→ブログ検索してみたら、なかった。

内田氏の専攻はレヴィナス、リトアニア出身のユダヤ人倫理学者。フランスで活動。わたしは読んだことなし。

1950年生まれだから、神谷美恵子の息子の世代に当たる。
ここんとこ、世代の感覚がひとつ、大きく変わったところだからなぁ。
団塊の世代には、大きく影響を受けた職場の先輩(女性)がいるのだが、世代として考えるとわからないこと多し。
ビートルズとか男女関係とか。

うまくまとまらないが、メモとして。
内田樹的視点で神谷美恵子を考えるのはおもしろいと思う。

……
<きのうの夕飯>
1ヶ月の超短期仕事(主に電話の受信)の顔合わせに行ったら、採用になった。
で、今日から出勤になります。
また、書き方が変わると思います。
なるべく書き続けるつもりですが、どうぞよろしくお願いします。
一ヶ月だからあっという間かな。

焼きそば(豚肉、人参、えのき茸)、農夫の朝飯(ドイツ風の料理とのこと。玉葱の薄切りとベーコンを炒め、茹でたじゃがいもを入れ、塩胡椒で味付け。最後に溶き卵を入れて大きく混ぜてできあがり)、さやいんげんとひじきのきんぴら、柿なます、お茶。

ウチのお茶は家人が好きな玄米茶に決まっています。子どもの時から飲みつけているので、番茶とかほうじ茶だといやなんだそうだ。

HTML convert time: 0.326 sec. Powered by WordPress ME