2008/1/19 土曜日

また検診へ

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 6:09:50

今度は子宮ガンの検診。どうも婦人科というところは苦手だ。まあ得意な人はいないでしょうが(^^;)。

我孫子にいるときに一度「子宮筋腫の疑い」という検診結果が出たのだが、引っ越し騒ぎなどでそのままにしておいたのが気になっていた。40過ぎると更年期に差し掛かってくるわけだし、もともと貧血気味なのが最近少し強くなってきた気がするので、受けに行ったのは正解。

悪いものはないだろうということだったが、ちっちゃいこぶがあるので取るのと、貧血気味の元をよく調べるということで、結果が郵送で来てからもう一度行くことになった。

その前に整骨院に行くと、自覚していたより背中に凝りがあると言われた(起きるときにはつらくなかった)。ここ何日か寒いので猫背気味になっていたかもしれない。ニンテンドーDSのやりすぎで異常に肩の凝った人がいたという。あれは手で持ってバンバンボタンを押すわけで、腕が常に中空にあるからそりゃ凝るだろうと思う。うちはないのでそちらの心配はない。

Wii Fitは仕事終了後は時間があるので一日に40分くらいやっている。割合としては1.ヨガ、2.バランスゲーム、3.有酸素運動、4.筋肉トレーニングの順番かな。体を温めようとヨガから始め、最後にジョギングで締めている。右側の筋肉が硬いと毎回教えてくれるが、こういうのは利き手と関係あるのかなあ。わたしはもともと左利きでお箸や鉛筆は右だが、無意識に左が出ます。

仕事のことは進展なし。時間の使い方をよく考えておかないと、神谷美恵子のことで調べながら書くという予定が進まない。書くことで収入を得るという発想は持ったことがない(好きなように書きたいので)。
 

###
きのうの毎日新聞の夕刊、シリーズ「おちおち死んではいられない この国はどこへ行こうとしているのか」、文化服装学院の院長だった小池千枝という91歳の女性の言葉が身に沁みた。「日本は数字で滅びる」と言う。
「売れるものを作ろうとしてもダメ。結局それがファッションなんです。でも今の日本はビジネスばかり。とにかく売ることを考える。日本の男の服、特にスーツは絶望的よ。運動量がまるで考慮されていない」
リンクでは写真がありませんが、いい顔なんですよ、これが。自分のやってきたことに誇りを持って生きてきた人、ファッションの仕事をしてきた人ならではの華やかさと気品が感じられた。

HTML convert time: 0.326 sec. Powered by WordPress ME