2008/1/9 水曜日

朝からいろいろ……の火曜日

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:24:44

担当者の一人が食あたりでお休みだった。ノロウィルスだったら2,3日かかるだろう。今日は来られるのかどうか。スタッフの進み具合はともかく、チェックの方が間に合わないのでは。

という話があって、打ち込みを始めようとしたらソフトがいつまでも開かないのでみんなざわざわする。もしこれでデータがパーになると、前日やった分もパーになるおそれがあって、大きく計算が違ってくる。

幸いその後ちゃんと動いて、データもパーにならなくて済んだ。

睡魔に勝つのが大変で、苦労した。前日は11時に寝たのだけど、まだ足りなかったらしい。
全体にどのくらい行ったのか、平均数などは発表されなかったのでわからず。きのうよりは進まなかったかな。

お昼はおにぎり2つ。朝の車中は朝刊、本はまた阿川佐和子『ときどき起きてうたた寝し』(文春文庫、1998)。文章の感じが向田邦子に似ている感じがする。もちろん年代が違う(わたしより10歳少し上)から扱うネタは違うけど、オチの付け方なんかも似ているような。

ところで新風舎という自費出版の会社が左前になったというニュースがありましたね。自費出版なんてのは知り合いに配ったりするために作るもので、本屋の店頭に並ぶようなものじゃないだろう、というのがわたしの認識だった。だって売れるような本なら、出版社がお金かけて装幀も凝り宣伝費だってかけるでしょうよ。
まあ最近は名の知れた出版社でもほんとにおもしろい、読んでみたいと思わせる本を作らなくなっちゃったなと思いますけど(編集者の力不足なのか、書く力のある著者がいなくなっているのか、はたまた他に理由があるのか)。
自費出版程度で本屋に並ぶ、と思っている著者たちの方もどうかしていると思いますがね。今の本屋は大きいところだってそんなに余裕はないはず。コンビニほど徹底的な売り上げデータ調べはしないにしても、売れないものをいつまでも置くはずがない。

チーズケーキファクトリーの会社が倒産したというのもびっくり。学生のころ?友だちに二子玉川のお店に連れて行ってもらったことがあっておいしかったから。チーズの値上がりと店の展開をやりすぎたというのが原因らしい。支援先を探して再開したいということですが、どうなるのかな。

そうそう、休み中に書き上げる予定だった書きものは週末に続きを書くことになりそうです。

HTML convert time: 0.341 sec. Powered by WordPress ME