2008/1/8 火曜日

年開け最初の日

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:03:27

年明け最初の仕事に行った。

ものすごく混むのかなと思ったがそうでもなかった。朝の車中は朝刊、持って行った本は阿川佐和子『ときどき起きてうたた寝し』(文春文庫、1998)。今はインタビューが載っている週刊文春にエッセイを載せていたらしい。きのう『阿川佐和子のお見合い放浪記』(講談社+α文庫、2001)を読んだのだが、わたしも彼女に負けず30回くらい(?)お見合いしたクチなので、なるほどなるほどと思いながら読んだ。

あれですね、決めるためには何か一つ基準を持っているといいかもしれないですね。わたしは家人と同じころにもう一つお見合いしたのだけど、そちらの人も母一人子一人で三つ揃いのスーツで現れ、2回くらいは逢ったんだと思うけれど、向こうからお断りがあったのだった。
家人は時間に少し遅れてばたばた走って現れ、ネクタイはちゃんと結べてなかったしそのころもう90キロ(後に最高110キロ)あったので、見た目にはおよそかっこ良くなかった(笑)。それが何ヶ月か経っても断ってこないし、ブルーノートに連れて行かれたときに確かわたしは遅刻したのに(今だったらうるさく言われるんだけど)、どういうわけだか結婚する気になったのだから、人生わかりません。話題だってコンピュータか音楽の話ばっかりでつまらん、と思っていたんだからね。

前日寝たのが1時半くらいになってしまって、起きるのがつらかった。仕事中も眠くて眠くて、はっと気がつくとうとうと状態でかなりやばかったです。

全体の進み具合はまた記録更新だそうで、一人平均200件超。わたしはそんなに行ってないと思うけど……担当者の計算で行けば少し時間が余るのでまた二人一組チェックの時間に回すつもりだとのこと。もう今週でおしまいなので、思えば早いな。

帰りにYさんとメールアドレス交換をする。
まだ次の仕事のめどは立っていません。健康診断(子宮と乳房)の予定があるし、できたら大相撲初場所で大関魁皇を生で観たいと思っているので、話が来ても2月からとかにしてもらうかもしれない。探すつもりではいます。例の仕事関係の試験のことを考えるといったん6月までにしてもらったほうがいいかな……

夕飯はサンマの開き、新生姜の漬物、にんにくの芽とトマトとオイルサーディンのサラダ、ごぼうと油揚げのみそ汁(酒粕入り)、だったん蕎麦茶、「赤芋焼酎」のお湯割りを一杯。7日だったが七草を買っておくのを忘れたので七草がゆはしなかった。本来朝に食べるものだが、わたしの出勤前のバタバタぶりではとても食べきれそうもありません。

HTML convert time: 0.328 sec. Powered by WordPress ME