2007/12/25 火曜日

鶏もも焼のクリスマスイブ/今日で42歳。

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:13:10

きのうは家でだらだらしていました。
家人は朝から府中の母のところに行き、そのあと池袋のジュンク堂書店へ。風邪はだいたい治ったらしい。今はわたしの方がのどから鼻に来てます。参ったなあ。

朝、年賀はがきを出しに行って、ついでに30分くらい散歩。遠出はしなくても、少し歩いた方がいいだろうと思って。

家事は、洗濯と洗濯機の掃除、家の中の掃除。プラスチックごみを出すのが年内最後なのでみんなまとめて出す。大1小2の3袋。
久しぶりにNHK第一「わくわくラジオ」を聴きながらあれこれ作業。
お昼を食べながら昼のニュースと「昼のいこい」を聴くのも久しぶり。

家人が帰ってきてから一緒に自転車で買い物に行き、鶏もも焼などを買いました。鶏もも焼はこどものころから好物。今年は近くの肉屋に頼もうかなと思ったのですが、24日は出かけるかもしれなかったので頼まず。ほかはスモークサーモンなど。ふだん和食ばかりになっているので珍しい夕飯です。お酒は「サンライズ カルメネール」というチリの赤ワイン。

###
30直前で結婚したときに、あ、これで何かの一区切りだ、と思い、40でまたなにか区切りだな、と思い、それからあとは時間が過ぎるのが早くなってきたような気がする。なぜ?50代、60代、70代……とさらに早く過ぎるように感じるのかな。

べつに速読を目指しているわけではありませんが、本を読むのは前より時間がかかるようになりました。無理をしても本を読む、ということはしなくなりましたね。三度の飯より本、ということが20代のころはあったのだけど、今は考えられない。音楽に身をゆだねる方が楽なことが多くなってきたかなー。

でもブログを読む方からは、「ずいぶん本を読みますねー」と驚かれる。まあこれはこどものころからの習慣だからね。読めれば何でもいいんです。

神谷美恵子のことは最近はたまに考えることはありますが(考える分にはただですから(笑))、関連の本を読むのはしんどいのでやめています。積ん読にしておけばいつかはやるだろう、という希望的観測の元に(笑)。
でも念願がいくつかある中で、「神谷さんのことを書くこと」は優先順位の高い方なので、とにかく取りかかれる準備はしておこう、とは思っています。人に頼まれてすることではないので、自分がいつその気になってもいいように。
神谷さんの代表作のひとつ『生きがいについて』だって、書き始めてから実際に本になるまでは何年もかかっている。大幅な書き直しもあったようだし。

書く人間、というのは書き終わったら次に進まなければならない。本になるまでのところが楽しみであり、苦しみでもある。だから神谷さんは若いころからいくつも自分の中に宿題を抱えていた、というのはあるでしょうね。ヴァージニア・ウルフの病跡学(精神状態と作品の関係)のまとめと、大きな影響を受けたペンドル・ヒル学寮のことはまとめられなかったけど、もう間に合わないな、というのは自分でもわかっていたようです。

若いうちに死に直面する経験を持った人なので、絶えず死を思いながら(自分の死も、身近な人の死も)生きていたところはあると思います。常に考えていると自分が死ぬ時期までわかっちゃうのかもしれませんね。

そんなこんなで(どういうまとめだ)、連休が過ぎました。
今日で42歳です。スーパー勤めの時はものすごく忙しい時期の一日であんまり感慨にふけっている暇もなかったんだけど、今年はどうだろう。

今週は一日少なく4日間の仕事。それで年末年始の休みに入ります。
勘を取り戻せるかな?

では行ってきます。

2007/12/24 月曜日

年賀状のコメント書き終了。

Filed under: 日記,散文・文章 — ぱぐ @ 9:19:31

きのうは家人が早く寝たので、静かな環境で(テレビの音がうるさいのが嫌いなんです)年賀状のコメント書きを済ませました。よかった、ほっとしたよ。

「お元気でお過ごしください」
としか書けないのがそれほど親しくない親戚の人たち。
すみません、毎年同じ言葉で。

せっかくだから何かちょっとしゃれたことを書きたいのだけど、当たり障りのない言葉しか書けないな、やっぱり。何も書かないのはさびしいからこれでいいや、という消極的な言葉ですけど。

親には……これが一番困ったのですが(^^;)、
<仲良く過ごしてください>
というひと言。ここに込めた気持ちを果たして汲み取ってくれるかなあ。

このあいだ両親が突然訪ねてきたとき、改めて、
<うちの母親って父のこと嫌いなんだ>
と再認識したのですが、いつからあんな風になったんだろう。

正面切って訊けば見栄っ張りだからきっと否定するだろうけど、前にも
「しょうがないから面倒見る」
とわたしに言って、
(<しょうがないから>ってなんだよ?)
と、またわたしをがっかりさせた母であります。

父の悪口を言えば言うほど、わたしの気持ちが母から遠ざかることがわかっていない。
同性でありながら物心ついてからわたしは母のものの見方に同調できたことがありませんから。だから余計憎たらしいのかもしれないけどね。
これじゃ、家の中で世代交代が進むわけないな。

###
えーと、クリスマスイブにあんまり楽しい話題じゃなくてすみません。

そんなにひどくはないのですがときどき咳が出ますので、今日は外出を控えることにしました。前に豊島屋酒造の蔵開きで買った酒粕できのう甘酒を作ったのですが、家人は
「あそこのとずいぶん違うね」
と言うし、わたしもうーん、何が違うんだろう?と思いながら今日も飲んでおります。もっと砂糖を入れれば良かったのかな。

では、良いクリスマスを。

2007/12/23 日曜日

年賀状の宛名印刷終了

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 17:48:01

家人の分が20枚弱、わたしは70枚強。
父方は親戚が多いので親族関係だけでもかなりあります。いとこは全員とつきあいがあるわけじゃないけど。

80代半ばになっているはずの、父の一番上の姉(わたしには伯母)が毎年筆でひと言書いてくるので、ああおばさん元気なんだ、と思っています。ずっと逢っていないけど。

年に一回、年賀状だけのつきあいの友達というのも何人かいるなあ。そういう人とは電話のやりとりもない。<どうしてる?>とお互いに消息交換をしているわけです。中にはほんとうに疎遠になって出さなくなった人もいますが……

もらったから出す、というのもありますよね(笑)。出さないと決めた人には来ても出さないことにしちゃったので、そうすると次の年から来ません。

年配の人の中には出すのが大変だからやめます、という事前通知みたいなのを出す人もいるのだそうですが……

家人は書くのが嫌いだからそのまま出すことが多いようですが、わたしは何かしらコメント書きはすることにしているので、夕飯のあと、取りかかるかな。印刷はきのうやる予定だったのになんとなくぐずぐずしていて、今日も山下達郎のラジオを聴いたり、溜まった新聞を読んだり、と明らかに夏休みの宿題を片づけたくない子供状態でした(笑)。
連休中には済ませます。

体をコントロールする

Filed under: 散文・文章 — ぱぐ @ 11:07:15

なるべく人の悪口を書かない、という方針でブログを書いていますが(書いたあとに後味が悪くて結局自分に返ってくるので)、たまにほんとに怒りがこみ上げてくると、書かずにいられない。

特に身近な年配者のことでね。向こうは向こうで、どうしてああいう態度なのか、と思ってるんだろうが、わたしだっていやだよ、いい加減に。どうも母には気を許せなくてだめですね。自分の母親ってぜんぜん信用できないんだ、と思い知ったのは二十歳前後のことで、わたしの精神生活上もっとも苦しかった時期だけど、あのころをくぐり抜けて来たことを思うとなんだか感慨無量。

しかしまあ、べつにわたしだけじゃなくて、30代40代の女の人は多かれ少なかれ、親の世代とのそういうギャップを感じているらしい。本屋で『オニババ化する女たち』(集英社新書)というすごい題名の本を立ち読みしたら、なぜ昭和ひとけた生まれくらいの女の人たちがオニババになっちゃったのか、というようなことが書いてあって、すこし納得。

その中でおもしろかったのは、体をコントロールすることができなくなった女性たち、という話で、昔の女の人たちは生理の時に血の出し入れの調節ができたという。忙しく立ち働いているときに下着が汚れるのは困るわけで、綿の詰め物だけしていて手洗いに行ったときにバッと出していたという。そんなことができるわけ?!と驚いたんだけど、こういうのは武道なんかやっている人だと納得できる話なのかな。

わたしは体がうまく使えなくて卓球がちっとも上達しませんでしたが(ほんとです。ヘンに力の入ったラケットの振り方やラリーが続かないなど)、剣道なんかだったりすると体がうまく使えないとだめそうだものね。

最近疲れちゃって週末くらいしかWii Sportsをやっていませんが、テニスはある程度自分がねらったところに打てるようになったんだけど、ホームラン競争は相変わらず飛ばせないし、ゴルフだと距離感がつかめなくて出たとこ勝負です。
家人は勘がいいのかどんどんうまくなってますが。見学されるとケチを付けるからいないところでやってます(笑)。

2007/12/22 土曜日

コロンビア在住の同級生が帰ってきた

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 22:10:53

夜、電話をもらいました。

数年前にも帰国して、同級生による囲む会をやったんですよね。あの時はスーパーでシフト勤務だったから、仕事が終わって2時間かかってたどり着いたのだった。親から離れたところに住んでるのはふだんはいいけど、こういう時に大変だ、と思ったのを覚えている。同じ市内でも親のところには泊まりたくないですからね、わたしとしては。

こうやってまた何年かぶりに声を聴いたわけですが(ふだん掲示板やコメントでは話している)、なんでもなくスッと友達関係が復活するのがおもしろい。在学中は何度か同じクラスになっているし、体育祭で綱引きチームのリーダーだった彼女の下で汗を流した一員でもあるので、話した方ではあると思うけど、親しいというほどでもなかった。

母校に関しては、同じ学年に限らずわりと同窓生意識が強くて、すぐ話が盛り上がるのはなぜなのか。何かあのころわたしたちが持っていた熱気みたいなものが還ってくるのかもしれない。

うちの学年は、とにかく「うるさい!」としょっちゅう言われていて、学年で何かお話を聴いたりするときも注意され通しだったような気がする。同窓会やっても、先生の話聴いてないものなぁ(笑)。

ジュンパ・ラヒリの『その名にちなんで』(小川高義・訳、新潮クレストブックス)がインド人監督によって映画化されたので、それを一緒に見に行こうと思ってメールを出しておいたのだった。
彼女は約1ヶ月の滞在中にいろいろ予定があるみたいだし、わたしも年末年始は旅行などの予定はないけど、双方の親のところには顔を出すことになると思うので、まだはっきりいつとは決められなかったが、見に行きたいね、ということで一致しました。
映画の公式サイトはこちら
東京だと今日からシャンテ・シネで公開しています。

健康診断の結果と「ひとがた流し」最終回

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 16:12:44

先週受けた健康診断の結果を聞きに行く。
問題ないとのこと。
善玉コレステロールが悪玉コレステロールを大幅に上回っているとのことで、
「長生きできますね」
だって。よし♪
乳ガンと子宮ガンの検査は、1月に受ける予定にしている。受けられる病院が限られるし予約しないといけない。

そのあと、うどん屋で天ぷらうどんを食べる。この辺は武蔵野うどんといって、堅くて腰の強いうどんが名物。わたしが行ったのはおばさんがやっているところで昼間だけ開いている。打つ音が聞こえたので打ち立てが食べられたのでは。

きのうはすぐ帰りたかったので行くのをやめた整骨院へ。混んでいた。たぶん休みの土曜に来る人が多いのだろう。腰と肩の低周波、マッサージ、ローリングベッド。腰に張りを感じていたが、肩胛骨と肩、ふくらはぎにかなり抵抗があったので凝っていたらしい。

この間録画をお願いした「ひとがた流し」最終回が届いたので、ようやく観る。
予想通り、千波は鴨足屋君と結婚、乳ガンが再発して帰らぬ人になりましたね。
ああいう時は、女友達より、彼氏(ダンナ)がそばにいて欲しいものじゃないかなと思うね。千波みたいなタイプはそういうことでもないと、男の腕の中に飛び込めないかもしれないし。

まあなかなか人間、あんなにさわやかに生きられませんけど、せめて心がけるだけでも毎日が違う気がする。わたしは結婚したのが30直前だったから、まあぜいぜい40年くらいだよね、一緒にいられるのは、と思ってもう10年過ぎたわけですが、日々の積み重ねが人生なんだから毎日をなるべく悔いのないように過ごしたい。
そして年取ってからああすりゃよかった、こうすりゃよかったと愚痴をこぼさないように、やれることはできる範囲でやって、一生を振り返るようになりたい。

2007/12/21 金曜日

一週間終わった!

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 20:47:10

今日も粛々と打ち込み。どうもペースが上がらない。朝から右膝の後ろがだるいんだけど疲れが出ているのか?

朝はビスケットみたいなのを3枚のうち1枚しか食べられず(残りは家人があとで食べたとのこと)、シナモン&アップルジャム入りヨーグルト、しょうが湯。きのう食べ過ぎだったかあんまり食欲がなかったが、いくらなんでもこれじゃ持たないだろうと思い、池袋のドトールでミックスサンドイッチとブレンドコーヒーを買い、休憩室で食べる。

午前中に営業の人が来て、個別に今後のことなどで面談。うまく話が合えば、休みなく1月15日から次の仕事をすることもできるという。仕事が始まるのは一日(いっぴ)とは限らず、仕事の要請に応じて、また先方の都合によっていろいろあるとのこと。

この人はいかにも営業らしく腰が低くて、あとで差し入れだというシュークリームとエクレアが配られて、みんな大喜び。仕事中はのど飴をなめていることが多いので、こういう系の甘いものは嬉しい。休憩時間に食べて、いろいろなお菓子の作り方の話で盛り上がる。お菓子屋で仕事をしたことがある担当者の一人は、卵白を泡立てるのに苦労したとか。

お昼はおにぎり。今の中身は赤紫蘇付き梅干しと、ちりめんくるみ。コンビニでドミグラシチューを買う。それにボトル入りキシリトールガムと、みかん味ののど飴は仕事時間中用に。

疲れているのもあるかもしれないが、なんか貧血気味でふらふらしたので、帰りは西武の地下で牛肉とにんにくの芽の炒め物を買い、あとはうちにあるもので夕飯にする。電車は座って帰ってきました。

今日は朝の車中は朝刊、帰りはまた平岩弓枝『江戸の子守歌 御宿かわせみ2 新装版』(文春文庫)を読んでいました。

家人の具合はすこしましになったとのこと。
今日は早く寝ます。

ペースダウンの木曜日/風邪退治鍋

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:08:56

家人の風邪は悪化もしませんが、良くもなってはいません。ときどき右に偏頭痛が起こり、夜になると悪くなるという。わたしの隣の席の人(女性)もこのあいだから風邪気味なのだが、寝る時間に咳が出て困るという。あれって何ですかね、夜になると熱が出たりするのは。

わたしは朝からのどに違和感があり、ありゃこれはついにうつっちゃったかなと思っているところ。

このあいだ健康診断を受けたお医者は木曜も午前中だけやっているので、池袋に着いてから家人に電話して行った方がいいんじゃないの?と言うと、すごーくめんどくさそうだった。きっと行かないなと思ったのだが昼休みに訊くと、行くことは行ったが激混みでインフルエンザがうつったらやだから受診しないで帰ってきたという(笑)。

朝はまた焼きそばを作って食べる。キムチ、人参、長葱、ベーコン入り。ほかにシナモン&アップルジャム入りヨーグルト、レモン湯、コーンスープ。

お昼はいろいろ迷って、黒豚しょうが焼きと牡蠣フライ定食。しょうががたっぷり乗ったしょうが焼きがおいしかった。キャベツ付き。ごはんが白飯と黒飯が選べるというので黒飯。黒米を入れたご飯のこと、お茶碗にたっぷりあった。それに黒豚の豚汁。

仕事はまた粛々と打ち込み。きのうの注意が頭にあってみんな慎重になったのか、ペースは上がらなかったとのこと。200件超えなし。一人、具合の悪い人がお昼で早退。風邪引きらしい。

今の計算で行くと、仕事が終わるのは予定より一週間早く1月11日(金)になりそうだとのこと。あした営業の人と個別面談することになっている。わたしは手持ちがないので、今度は遊んでいるわけにはいかないから、次をすぐつなげて見つけられるようにしておきたい。なるべくなら、朝のラッシュの時間は避けたいなー。帰りがその分遅くなるのはかまわないから。

夜はときどき作る「風邪退治鍋」。材料は薄切りの豚バラ肉、しょうがとにんにくの薄切り、白菜ざく切り、春雨、えのき茸。

しょうがとにんにくの薄切りは豚バラの間にはさんで香りを付けておく。
お湯をたっぷり沸かして塩をひとつまみ、にんにくとしょうがを入れて煮る。
白菜、豚肉、春雨、えのき茸の順に入れる。
煮えたら全部食べ、食べきってから新しいのを入れます。
薬味は紅葉おろしにポン酢。
最後にお餅やご飯を入れておじやで締めます。

ポカポカするので、風邪引いてなくても寒い冬にはいいですよ。

同僚のYさんとお茶して帰る予定だったが、風邪っぴきがいるので延期してもらった。
帰りにポカポカする入浴剤とカコナールを買う。

あと一日なのでなんとか持って!
連休は一日だけ予定がありますが、様子を見てどうするか決めます。親のところは電話だけはしておくことにしよう。また夕飯時に押しかけられたりするのは困る。

そうそう、本は「御宿かわせみ」を続けて読んでます。『江戸の子守歌 御宿かわせみ2 新装版』(文春文庫)に入りました。るいさんの匂うような色気がまぶしいなあと思いながら読んでいる。

2007/12/20 木曜日

懸念的中/津軽弁のジャズ(2)

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:04:47

帰りに渋谷のNHKふれあいホールに行き、伊藤君子&山本剛(ピアノ)トリオのジャズセッションを聴く。ほかのメンバーはベースの坂井紅介、ドラムの海老沢一博。海老沢氏は伊藤君子のダンナでもあるのだけど、共演したのは聴いたことがないので前から聴いてみたいと思っていた。

伊藤君子は小豆島出身(「しょうどしま出身のおおどしまです」というのが最近の冗談になっているらしい(笑))。美空ひばりに憧れてこどものころから唄っていたという。最初は演歌だったかでデビューしたのだが売れなくて、そのうちジャズを勧めてくれる人があって転身した。わたしは新聞記事で知って聴きに行ったのが初めてだと思う。気さくな人で、CDにサインをもらったときにはわたしの手が冷たいのにびっくりして、「大丈夫ですか?」と言ってくれた。

前にもNHKのFM番組の公開録音に行ったのだが(6,7年ぶりと言っていたのでその時だと思う)、その時はスタジオで、終わってから話すこともできたのだが、今回はホールだし、いろいろむずかしい問題があるらしく直接話したりというようなことはできなかった。9月に津軽弁のジャズアルバムを自主制作で作ったのは知っていたんだけど、先立つものがなくてこの日、飯田橋の青森県のアンテナショップで買ってから行きました。公式サイトにそのアルバムのことが載ってます。直接買うこともできますよ。

セッションの中でも「Fry me to the moon」などを津軽弁で唄ったが、なかなかおもしろかった。わたしは東京言葉しか使えず、耳でわかるのは父の出身の信州伊那の言葉くらいですが、津軽の言葉って音楽的だと思う。太宰治の「魚服記」(←青空文庫で読めます)という会話だけ津軽弁の小説を読んだことがあるのだけど、いいですよ。

放送日は今調べたんだけど、ちゃんと載ってません!1月半ばだったと思います。わかりましたらまた書きますね。

>がなへ
伊藤君子さんのサイトに犬と猫の写真が載ってて、これがかわいいの!犬の表情がいいよ。「Favorite」というところです。

懸念的中/津軽弁のジャズ(1)

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:00:07

となりに風邪っぴきが寝ていると思うと、朝起きて自分がどうなっているか心配だった。幸い大丈夫だった。空気を良くしようと空気清浄機をかけて寝たんだけど、すこしは効果があったのかどうか。

家人は調子悪そうだったが、わたしが出勤する前に灯油を買いに車で出かけた。今冬はエアコンだけで来たが、寝室にはエアコンはないのでストーブを使うことにしたのである。(あの暑い夏をエアコンなしで過ごしたのは、わたしが意地張って要らない、と言ったため。その後あんなに暑くなるとは思わなかった)

昼休みと帰りに電話する。すこし仕事はしたという。あとは寝ていたみたいだ。食欲は普通にあるとのこと。家人が風邪引くとだいたい熱が出て下がっておしまい、みたいなパターン。夜の11時過ぎにこれを書いていますが、なんだか頭が痛いという。→今朝も頭が痛いのはそのままとのこと。

わたしは朝、さっそく自転車で出勤。前の自転車に付けていたかごカバーを外しておくのを忘れたので、帰りに買う。早い電車に乗ることができたので、デニーズで朝ご飯。ミニパンケーキとスクランブルエッグ、サラダ、ソーセージ、ベーコン、コーヒー。

仕事は粛々と打ち込み。2回目の提出があるのと、答えが変わったのがあるので完璧の見直しもしているが、わたしの11月末あたりの答えは、完璧じゃないのに完璧につけていたのがけっこうあったとのこと。お手数掛けてすみません。今はきっちりよく確認してから次に進んでます。きのうはあまり数が行かなかったとのこと、200件超えなし。わたしも詰まる方が多かった気がする。

お昼は塩海鮮ラーメン。中国の人がやっているラーメン屋らしい。
夜は飯田橋に行ったついでに神楽坂の丸屋というそば屋に入り、花巻そば。何かと思ったら海苔が入ってるんですね。神楽坂って何か再開発の予定があるのか、閉店している店が目立って気になった。

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.519 sec. Powered by WordPress ME