2007/11/15 木曜日

中野翠を読んでいた研修3日目

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 6:38:44

きのうは3日目。起き抜けにたくさん食べられず、ぐずぐずしていると遅れるので、ハム、ヨーグルト、ミルクティー、カップスープ(野菜チャウダー)のみで家を出る。これじゃ研修中におなかがすくので勤め先の近くのマクドナルドでフィレオフィッシュを食べた。

少し早めに行くつもりだったのに、また前日と同じ電車になってしまった。駅までは自転車です。というわけで、また途中から本が読めず。持って行ったのは中野翠の『満月雑記帳』(文春文庫)。サンデー毎日にずっとコラムを連載しているが、それとほかのも合わせたコラム集。

中野翠は図書館で借りる文庫としては最適だろうと思ったのだが、この一冊しかなかった。これが、貴乃花(当時「貴花田」)と宮沢りえの婚約→婚約解消騒動、小和田雅子さんが皇太子妃に決まった、竹下首相のほめ殺し事件、マドンナのヌード写真集などがあった1992年から93の出来事を書いたもの。
当時わたしはまだ勤め人で、仕事を続けていくかどうか迷っていたころじゃないかな。インターネットなんかもちろん知らなかったし(というかそのころまだなかったね)、家で母とちゃんちゃんやってたんじゃないでしょうか。

すこし前のことを時事的に書いたコラムで振り返るというのはへんな気持ちがするもので、当時大関に昇進した貴乃花はその後横綱になり、兄弟横綱を張り、小泉首相に感動されながら優勝したりなんかして、引退。今は弟子に負けじとフルマラソンを完走するために練習に励んでいるという。河野景子だっけ、結婚した女性アナは。
つい先日離婚が明らかになった兄貴の若乃花こと花田勝氏は、「さんまさんのように生きたい」という迷文句を吐いたという。浮気したいんなら結婚しない方がよかったのでは?

皇太子妃のことはあんまり関心を持っていないが、なにやら大変らしいということは察せられる。

外は暖かだったらしいが、お昼も外に出ないと朝晩の気温しかわからない。富士山は見えなかった。中もなんかあったかくて、ついうとうとしてしまった。いかん。

早めに眠ったので、今日はたぶんだいじょうぶだろう。バレーボールはあきらめ、相撲の魁皇の勝負をニュースでチェックしてからふとんに入った。足を踏ん張れないようだけど、なんとかやってるみたいでホッとしてます。

2007/11/14 水曜日

佐藤愛子を読んでいた研修2日目

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:05:25

きのうは2日目。1日目は15分早い出勤時間だったのが通常どおりになったので、ちょうど混む時間の電車に当たり、朝の車中で本を読むのは途中でやめた。きのうは佐藤愛子の『こんないき方もある』(角川文庫)にした。前日の田辺聖子の本の中で佐藤愛子が出てきたので、つなげた。

佐藤愛子はまだ元気に怒りシリーズ(?)を書き続けているが、大正生まれで青春時代が戦争に重なったということで、田辺聖子より一世代上になるらしい(田辺聖子は少女時代が戦争中)。親本は昭和50年代に書かれたそうだが、なにやら今の世の中を予言したようなところもありますね。「完璧主義の落とし穴」「亭主のノロケか悪口しか言わない女たち、中間というものがない」「自分の思うとおりにならないからと結婚して数ヶ月で理想が破れたと文句を言う女」などなど……

生来の怠け者なので計画を立てて物事をやったことがない。「綿密な計画に従って日々を着実に推し進めて行くなんて、気が遠くなる気がする」。でも他人からみると気の遠くなるような異常事態を平気で生きているのがへんだ、と友達に言われたという。

わたしは「異常事態を平気で生きる」なんてところはないが、無計画で、なんとか過ごせばいいと思ってるところはある。一週間分の夕飯の献立を考えるなんてできない。せいぜい2日先、その日の体調とか暑さ寒さで食べたいものが決まるから、それ以上は考えられません。家人の希望はあんまり聞いてませんね、悪いけど。うちにいるときはお昼に何を食べたか聞いて参考にすることはあったけど。

研修の方は大きなジャンルの所をこなしたので、ひたすら長く感じられた。説明ばかり聞いていると飽きてくるね。説明する方も大変だったようで、ときどき冗談を飛ばしていた。最後にまとめて練習問題をやったら正答率の高い人がいてすごいと思った。

進み具合が思わしくないので、今日からもっとペースを上げるとのこと。合間に練習問題をやってくれる方がいいな、忘れちゃうし。

朝、5種類入った袋入りのチョコレートを買い、合間の休憩時間に食べて血糖値維持に努めました。「頭を使うと異常におなかがすく」と家人が言うのだけど、よくわかった。

お天気がよかったので、朝は富士山がきれいに見えた。

2007/11/13 火曜日

田辺聖子を読んでいた研修第1日目

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 6:51:02

1日目の研修が終わりました。月曜から金曜までの2週間、祝日が入っているので9日間の研修の初日でした。仕事の内容は書けませんが、いやあ、頭がウニになりそうでしたよ(笑)。数字関係じゃないのでわたし自身には合っているとは思いますが。

聞いているだけだと覚えられないだろうということで、問題を解く時間もありました。実際に仕事するときはパソコンを使うのだそうですが、今日はアナログ的にテキストをひっくり返してあーでもないこーでもないと探したので、なかなかたいへん。覚えるにはいいと思いますが。

きのう通勤の往き帰り用に、文庫本ばかり、そんなにむずかしくなくて楽しめそうな本を限度いっぱいの10冊、清瀬の図書館で借りてきました。結局、犬養道子の聖書関係の本はほとんど手を付けられなかった。予約して借りたんだけど、しょうがない。読めそうな気分になったときにまた借りることにしよう。

ブログのネタはしばらく神谷美恵子からも離れるかもしれません。無意識のうちにはいつも考えているんだとは思いますが、わたしがいちばん興味を持っているのは、若いころのきつい精神状態にあった時期のことなので、今はちょっと避けたい。

きのうは田辺聖子の『性分でんねん』(ちくま文庫)を持って行きました。朝の車中も何とか読める余地があったので読み続け、研修が始まる前、お昼を食べたあと、合間の休憩、帰りの車中、とかなり読む時間がありましたね。残りは家で読み終わり、今日はまた違う本にします。なかなか読書がはかどりそうだ。

内容は日常の中であれこれ考えたこと、読んできた本のこと、自分の小説のできあがり方など。カモカのおっちゃんシリーズのころよりはあとに書かれた文章を集めたものらしく、夫に対する態度が微妙にあきらめと親愛が入り交じってるのがおもしろいと思った。

わたしはつねづね、結婚して何年も経つと夫の存在がどっかに行っちゃう女の人たちが不思議でしょうがないのだけど、まあわたしの方が変わっているのかな(笑)。

お昼は一合のお米を朝炊いて、おにぎりを2個。これは校正の仕事をしていたときと同じです。ものすごく頭を使うからか途中で血糖値が下がる気がするので、今日はどこかでチョコかなんか買って休憩時間に(お昼以外にも入れてくれる場合がある)食べることにしよう。

2007/11/12 月曜日

マッコイ・タイナー@ブルーノートを聴く

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 7:02:12

家人とマッコイ・タイナーを聴きにブルーノートに行ってきた。前に「シャービックが冷えるまでの100の質問」で、

99.あなたにとって可能性を感じる瞬間は、たとえばどんなときですか。
 知らなかったことを教えてもらったとき。

と答えているんだけど、新しいものを知ることは何によらず喜びです。本を読んで何か知りたいとか、連歌がうまくつながったとか、みんなそういう喜びに通じている気がする。いくつになっても可能性があると信じているのは……ちょっと子供っぽいかな(笑)。

ピアノ(マッコイ・タイナー)とサックスとベースとドラムのカルテットでした。かっこよかった。あれをどう表現するかはむずかしいなあ。とにかくかっこよかったとしか書けない。
テレビカメラが撮影していました(フジBSで放送予定だそうです。うちは観られない)が、そのせいなのかどうか、たっぷり演奏してアンコールはなしでした。
 

###
今日から2ヶ月間の仕事@池袋が始まります。新しいことを始めるときにどうも肩に力が入りがちなので、適度な緊張と、適度な集中力と、一緒にやる人たちといい関係を作れるように、まずは静かな様子見からかな。

ブログの内容も今までとは違ってくるでしょう。なるべく毎日書き続けるつもりですが(文章力の維持向上を兼ねているので)、どうぞよろしくお願いします。

では、行ってきます。

2007/11/11 日曜日

骨密度と野菜の漢字クイズ

Filed under: 未分類 — ぱぐ @ 8:13:27

東村山市の健康まつりの一環で骨密度を測ってくれるというので、出かけた。
同じ年齢と比較すると101%だとのこと。
牛乳は紅茶や珈琲を飲むときしか入れないが、ヨーグルトは毎日食べてます。今はキウイと苺ジャムを入れている。

ついでにいろいろ健康コーナーをのぞく。メタボリックシンドロームのコーナーで計ってもらうと、身長、体重、腹囲はバッチリとのこと。体重は思ったより少なかった。朝あまり食べなかったせいかな。

このあいだブルーノートに一緒に行ったパズル作家のAさんは、
「スーパーに勤めてたときはなんだか辛そうだったけど、元気になったみたい」
と言っていたが、あの時は話の合う相手がいない、やたらと疲れる、疲れると足裏マッサージに行くのでそうすると一日分の給料が吹っ飛ぶ、疲れて食べ過ぎたのかコレステロール値が高過ぎ、とかいろいろあったので、きつかったから。友達に逢うのも遠くてなかなかできなかった。

今は仕事直前なので、ストレスがない一番いい状態かもしれません(笑)。

野菜の漢字をどれだけわかりますか?というのがあったのでやってみる。
よかったらやってみてください。後日正答を出しますので。

1.トマト         A.南瓜
2.さつまいも      B.塘蒿
3.じゃがいも      C.蕪
4.アスパラガス     D.蕃茄
5.かぼちゃ       E.甘藍
6.とうがん        F.薩摩芋
7.レタス          G.蓮根
8.かぶ          H.馬鈴薯
9.キャベツ        I.菠薐草
10.にんじん       J.胡瓜
11.きゅうり        K.茄子
12.なす          L.石勺柏
13.セロリ         M.萵苣
14.ほうれんそう    N.人参
15.れんこん      O.冬瓜
ちなみにわたしがわからなかったのはアスパラガス、レタス、キャベツ、セロリで、まぐれ当たりがレタスとキャベツ。アスパラガスとセロリがはずれでした。

###
CSで「マイ・フェア・レディ」をやっていたので、若かりしころのジェレミー・ブレットをやっと見ることができた。若いなあ、当たり前だけど(笑)。「君住む街角」は本人の声じゃないような気がするなぁと思ったらやっぱり吹き替えらしいですね。ヘップバーンが吹き替えなのは知っていた。

わたしは「サウンド・オブ・ミュージック」が大好きなので、舞台版のイライザ役だったジュリー・アンドリュースも観たかったなという気がする。来日コンサートに行ったことがあります。

2007/11/10 土曜日

次の楽しみと生まれ在所の感覚

Filed under: 未分類 — ぱぐ @ 9:30:57

気にかかることは相変わらず気にかかるのだが、ブログに書くわけにゆかず、ほかのことをネタにしなければ……なるべく前向きに考えられることってなんだろう。

日曜日にマッコイ・タイナーというアメリカの有名ジャズピアニストのライブを聴けることになり、楽しみ。ジョン・コルトレーンという有名なサックス奏者と一緒にバンドを組んでいたという。

ジャズについても洋楽と同じくらいよくわからないが、有名な奏者の名前くらいは知っている。曲は聴いたことなくてもね。マッコイ・タイナーは知っていた。うちにCDがあるかどうか知らないが、実際に聴いてみないと音楽はわからん。音楽の感想ってむずかしいんですけどね。
 

###
kushida-mogoichi.jpg

『アルプ 特集串田孫一』(山と渓谷社)を読み終わる。ところどころ本人の文章が入っているのだが、詩も書いた人だからか、詩心あふれる文章だなあと思う。自然が好きで、虫屋(昆虫好きのこと)でもあり、顕微鏡を持っていたり、植物図鑑を眺めるのが好きだったり、絵も描いたし、なかなかいいですねえ。そうそう、ブロックフローテというあれは木製なんだろうか、縦笛もよくしたという。
生まれたのは都内の方で、戦争のあとは三鷹市牟礼、小金井市緑町に住んでいたことを知った。郊外が好きだったのかな。その感覚はよくわかるので、共感を持った。

蔵前でずっと生まれ育った人と話していて、
「二十三区内に住んだことないの?」
「いや、生まれたのは荻窪だから二十三区なんだけど、生まれて半年で調布に移ったので本人の記憶としては調布ばっかり」

今住んでる東村山もそうだしその前の我孫子も、調布も、むかしは農村だったところなので、そういう感覚はどこかわたしの中にあると思う。父の実家は信州伊那の農家で親戚も農家が多いし、母方の祖母の実家は福島は喜多方の郊外の農家である。おじいちゃんの方の先祖は何してた人かよく知りませんけどね。

生まれ育った場所の感覚というのはかなり無意識に人に影響するみたいで、家人の場合は静岡の東の方だから、あったかくて川などの水辺が近くにあって、ちょっと散歩できる緑のあるところが好きみたいですね。今住んでるところに決めるまでにあれこれ探したけど、わたしも似たような感覚なので、いいんじゃないかと思った。
 

###
関東学院大学のラグビー部員が寮で大麻を育てていたというニュースに激怒。
クスリなんかやるな!

2007/11/9 金曜日

怒濤の前の静けさ?

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:38:49

来週から2ヶ月間の仕事@池袋が始まるので、早起きの練習などしております。
前にも書いたけど、わたしはとにかく遅刻癖がひどい人間で、卓球の試合でもどれだけみなさんを待たせたか……申し訳ない。なんであんなに遅刻ばかりしてたんだろう、我ながら不思議だ。

きのうは無事、機械にてパスモの定期が買えました。2ヶ月間の仕事なので、1ヶ月ずつ更新する予定。パスモを持つのは初めて。最初の売り出しの時、記念のを買い逃したので、ずっとスイカのままでした。

読書の乱読傾向極まれり、という感じで、野村胡堂夫人ハナの伝記を横に置きながら、今日は登山雑誌「アルプ」の串田孫一特集の方を手に取ってしまった。きのうはバレーボールの試合を横目で見ながらおせいさんのエッセイを読み終えたし。気楽な文章ながらいろいろ考えさせられた。

最近週刊誌にはとんとごぶさただが、おせいさんのエッセイは週刊文春に載ったものだそう。文春で好きなのは、阿川佐和子の対談と室井滋のエッセイかな。最近のぞいてないから新しい連載物は知らないけど。

わたしは週刊朝日がずっと好きで、ポルノチック路線に走る前の渡辺淳一の『化粧』(新潮文庫)なんかは連載中から読んでいた。司馬遼太郎の『街道をゆく』(朝日文庫)は、連載はあんまり読まず、文庫本になってから読んでいたけど。村上春樹の『村上朝日堂』(新潮文庫)も、連載していたのは知っていたが、何しろ村上春樹そのものを読み始めたのが30代も半ばになってからなので、本になってからずいぶんあとだと思う。小説はあんまり熱心に読んでいませんが、最初のころの「村上朝日堂」シリーズは好きです。

あと、期間限定でときどきやっているホームページに寄せられた質問に答えるやつね(朝日新聞社から赤、青、緑の3冊出てます。あと『海辺のカフカ』が出たときに『少年カフカ』というのが新潮社から出た)。あれはなかなか実用的で、わたしが8月からブログを再開したのは、あの中にあった文章力向上についての答えを読んだからでした。チャンドラーを引いて、
「毎日机に向かって書くための時間を取ること。書けなくても時間を取る」
というような内容だったと思います。

<きのうの会話>
「じゃあ、もうちょっと経ってお金が入ってからになるかもしれないけど、ロートンヌ(市内の有名ケーキ屋)でお茶しようよ」
「うん、いいよ」

12月にクリコンという年末恒例の身内のライブがあるのだが、その時にチック・コリアの「銀閣寺」という9分もある曲をやるのだそうで、途中で転調はあるは拍子も8分の6だったかな?えらくむずかしいとのこと。

2007/11/8 木曜日

カモカのおっちゃん

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:01:03

きのうは家人の誕生日。本人は別にめでたくもなさそうな顔をしているが(笑)、いちおう朝、「おめでとう」と言うと、むにゃむにゃ答えた。

我が家はどんどん儀礼的なことから離れていて、決まった贈り物は夏に弟のところへビールとかを送るだけ。今年は秋口になってからウィスキーを送った。あちらからは年末に蟹なんかを送ってくる(前、札幌にいたことがあったので)。

誕生日になにかプレゼント交換するなんてこと、ここしばらくやっていませんね。外食するときにおごるくらいかしら。家人はこのあいだ、この辺ではちょっと知られたケーキ屋でお茶してみたい、とか言っていたが、今日用事があって前を通ったら定休日だった。

気にかかることがあってブログのネタがうまく決まらない。これで書かなくなるとまた復活するまで時間がかかりそうなので、書く練習のためにも続けたいところ。

読む物は聖書関係は後回しにして、野村胡堂夫人ハナの伝記に戻った。胡堂とは初恋を実らせた同士なのだそうで、なるほどそれならお互いを大事にするはずだ。神谷さんがこの家にうれしそうに出入りしたというのもわかる気がする。

読みかけをあれこれ抱えているがさらに一冊、スイカの残りを使うために田辺聖子『女の居酒屋』(文春文庫)を買った。カモカのおっちゃんシリーズ、ドラマの「芋たこなんきん」では知っていたけど、読むのは初めて。こういう調子ならブログにも生かせそうだ、と思う。会話を入れるってのはけっこういいかも。自分の考えを追っているだけだと、どうも辛気くさくなっていけない。書いていて自分でだんだんいやになってくる。

鎌田敏夫の『恋愛会話』『恋愛映画』(新潮文庫)というシリーズが好きなのだが、あれは男女の会話だけで話が進んでゆく、手練れの脚本家ならではのしゃれた趣向です。

本日の会話より
「車って何であんなに高いんだろうねえ」
「そうだよね。いろんな機能要らないからシンプルなのがいいな」
「じゃあ、君の車は3つの車輪で動くやつになりました」
「あははは、三輪車かい」
 

###
パスモに切り替えて定期を買おうと思ったら機械が点検中。窓口では買えないんだそうだ。不便ですねえ。

2007/11/7 水曜日

ちょっと良くなってきた

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:12:26

前から少しずつWiiスポーツをやってるんですが、今ちょっと事情があって聖書関係の本を読む気分にならないので、ここ何日か集中してやっていました。

種目はテニス、野球、ボーリング、ゴルフ、ボクシングなんですが、ボクシングはリモコンにつけるものが違うとかでめんどくさいのでまだやったことがない。

各種目1000点になると「プロ認定」を受けられるのですが、まず最初にボウリングで認定され、きのうテニスが認定になりました。いやあ、けっこう長かった。

それと野球はちっとも打てなかったのがきのうは初回に5点、2回に2点という具合で順調に打つことができ、投げる方は組み立てがうまく行くことが多くなったので、きのうはうまい具合に勝てました。

「トレーニング」というのがあるんですが、ホームランを選ぶと10本のうち1本くらい打てればいい方。飛ばす力がないのか。家人はきのう10本全部ホームランになったとえらく喜んでいたが。

「体力測定」では、まず最初に70何歳が出て、思わず笑った。次が37歳だったかな。この極端なところがわたしであります。まあよくこれで5年も卓球を続けたよなあ。
いつも戦力にならない自分というのを意識していたから、コーチとよく真剣に話したものだった。でも途中でやめなかったのは、その後の人生でいろいろ苦しいことがあったとき、自信を与えてくれたような気がする。
 

###
江藤淳の本は暗い印象で後味がよくなかったので、丸谷才一の『闊歩する漱石』(講談社)を読み返している。実際に小説を書く人が批評もするし視点が大きいので、説得力あります。

2007/11/6 火曜日

多摩動物公園に行ってきました

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:08:47

東村山に来てから一度は行こうと思っていた多摩動物公園。
いつ以来なんだろう。中高の時、遠足で行ったことあったかなぁ。

立川から初めて多摩モノレールに乗って多摩動物公園前へ。
「うんと歩くんだよ」
とおどかしてあったのだが、家人は仕事先との電話連絡が気になって見てやしない。

しょうがないから一人でずんずん先に行くと、マレーグマがちょうど食事の時間になっていたので立ち止まる。飼育員のお姉さんが直径7,8cmの竹筒を檻の外のポストみたいなのから中に落とした。
すると待っていたマレーグマの雌が竹筒を受け取り、足を広げて仰向けに四つんばい。その恰好が食事の体勢らしい。中にはピーナツとあと何かもう一つ入っているとのこと。真ん中に1cmくらいの穴が開いているので、穴を下にして竹筒を器用に四本の足で時計回りに回しながら、落ちてくるのをすばやく長い舌で受け止めるのだ。舌は20cmくらいあるという。受け止めるのがあんまり早いので、えさが落ちたのかどうか見物人にはわからない。
そのうち中身がなくなったようだったが、まだ粘る。穴に長い爪を突っ込んで取ろうとする。ふだんはシロアリの穴を掘って食べたりするのだそうで、得意技なんだろう。竹筒には縦にひびが入っていましたが、さすがに割れるところまではいきませんでした。マレーグマはいちばん小さい熊なのだそうで、わたしたちが見たのは大人くらいの背の高さかな。隣で見ていた小さな子供が「かわいい」と喜んでいた。

malay-bear.JPG

オラウータンのところに行くと、小さな赤ん坊ざるが低いところで一生懸命登ったり降りたりしようとしていた。ちょっと動きがぎこちないところがかわいい。
ここの名物だというスカイウォークをうんてい(「雲梯」と書くのを初めて知った)のようにして渡っていくもっと大きなオラウータンもいる。見物人が動きに合わせてついていくのがおもしろい。

コアラも見たんだけど、初めてかなあ。ほとんど動かなかった。

広いのでとても全部は見きれず、アジア館とオーストラリア館に絞りました。相当歩いた。今日の収穫はマレーグマ。

« 前ページへ次ページへ »

HTML convert time: 0.540 sec. Powered by WordPress ME