2007/10/15 月曜日

竹内まりやの曲あれこれ

Filed under: 未分類 — ぱぐ @ 8:21:47

また歌で行ってみたいと思います。親の悪口なんか書くよりずっと楽しいし精神衛生上もいいみたい(笑)なので、ときどきやってみようかな。

竹内まりやをわたしに教えたのは中高の卓球部でも一緒だった親友で、彼女は車の運転をするからそのBGMとしてよく選んでいたんじゃないかと思う。

何度も書いていますが、テレビのチャンネル権もラジオのチャンネル(?)権も、ぜんぶ親、特に父にあったので、わたしは流行歌やCMをあまり知らないまま大きくなったところがあります。自分で小さなラジオを買って通学や通勤の合間に聴いたり、深夜放送を聴いたりもしたのだけど、まあ基本的にはね。

調布にいるころ、すこしお茶を習ったんだけど、そのときの仲間にアルバム「Quiet Life」(1992年)がよかったと言っていた人がいたのを覚えているので、そのころはもうかなり好きだったのかなー。たしかすぐには買わなかったと思うけど。

結婚してから山下達郎のファンクラブに家人が入ったので、わたしも便乗させてもらって竹内まりやが久しぶりのライブを武道館でやったときには聴きに行きました(2000年7月)。生で聴いたのはそのときだけ。そのライブアルバムが「souvenir」。家人は竹内まりやの曲はあまり好きではないそうですけど(重視するのは曲、歌詞は付属品らしい)。

いちばん良く聴いたアルバムは「インプレッションズ」(1994年)です。

好きな曲をランダムに挙げてみます。
1.もう一度
 最近行きませんが、家人と二人カラオケするときに、家人に山下達郎の「GET BACK IN LOVE」を唄わせて、わたしがこれを唄うというパターンをよくやりました(笑)。二人だと忙しくてたいへんなんだけど。

2.家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)
 「好きな歌違う 選ぶ絵も違う でもいちばん私を知っている♪」のところが好き。

3.カムフラージュ
 自分の正直な気持ちを確かめよう、というのはわたしの考えの根っこにあるので同調します。

4.恋の嵐
 出だしのメロディーが好き。

5.純愛ラプソディ
 出だしの「明るいだけが取り柄でも私だって命がけの恋に憧れることがある~♪」が自分のことを言われてるような気がした。

6.Forever Friends
 これはもう今まさにいろいろ感じているところ。

7.LET IT BE ME
 エヴァリー・ブラザースのカバー。武道館ライブで山下達郎とデュエットしたのがよかった。

8.ジョニー・エンジェル
 カバー曲集「Longtime Favorites」(2003年)より。洋楽はよく知らないので曲の説明ができませんが、曲調が好き。

9.SUMMER VACATION
 山下達郎のラジオ番組で流していたもの。村田和人とのデュエット。村田和人のアルバム「MY CREW」所収。私的に山下達郎とデュエットしたのも聴いたことがあると思う。

10.人生の扉
 四十過ぎて人生後半戦だな、と実感している日々なので、こういう歌はまだ希望があるよと教えてくれるみたいでうれしい。

山下達郎の「サンデー・ソングブック」(日曜14:00~14:55、TOKYO-FM系)は先日15周年を迎えましたが、結婚する前からときどき聴いていた。家人から洋楽のことを吹き込まれたので少しわかるようになってきたが、それでも「オタク」過ぎる選曲の時はついてゆけない。

あの番組でわたしがいちばん楽しみにしているのは、夏の納涼夫婦放談と暮れの年忘れ夫婦放談で、むろん山下達郎×竹内まりや夫妻であります。これだけはMDに録音したものを取っておくことにしている。

HTML convert time: 0.342 sec. Powered by WordPress ME