2007/10/8 月曜日

父から仕込まれたこと

Filed under: 散文・文章 — ぱぐ @ 8:59:39

このブログをよく読んでおられる方は、わたしのファザコン振りがよくわかる(母がきらいだということも)と思うのですが、あまりに単純な傾向なので、なんだかねえという気がしないでもない。

うんと小さいときから、顔も性格も父にそっくりだといわれていた。半分信州人だということはかなり意識しているし、偏屈で無愛想で人と話すよりも本が好きというのはそっくりそのまま父譲りです。母も本はいろいろ読むけど、どっちかというと人のうわさ話が好きな方で、週刊新潮が愛読誌だった。明るいうわさ話より悪口系ですね。

わたしは団地育ち(高一まで。そのあとはマンション)なのだけど、父は革のグローブと木製のバット、それに革製のサッカーボールを買って、わたしたち姉弟に団地の砂利の広場でキャッチボールとバッティング、ボール蹴りを仕込んだ。わたしがいわゆる「女の子投げ」じゃない投げ方ができるのはその仕込みのおかげ(?)なんですが、教え方は厳しくてすぐ怒鳴るから、楽しくなかった。

何事によらず父の教え方はみんなそうで、中学生のころ、枕草子を講読してくれたときも、こっちが詰まるとすぐ馬鹿だの間抜けだの言うから、貴重な機会だとは思ったけど、あとから自分で読み通した方が身に付いている。
物の教え方って大事だと思う。キビシイばかりだといやになるから。

大学生になって向田邦子の『父の詫び状』(文春文庫)を読みはじめたとき、おやこれは知っている父親像だぞ、というのがまず最初の印象でしたね。

どうみても「父の娘」ですよね。自分ではメンタリティの8割方が男で、女が2割くらい、と思っているのだけど、どうでせう。結婚生活で精神面が大きく変わったのでその影響は大きいと思うけど。

HTML convert time: 0.383 sec. Powered by WordPress ME