2007/9/16 日曜日

追悼文の至芸

Filed under: 未分類 — ぱぐ @ 8:55:42

過去の人物のことを調べるには、その人の言動も要るのだけど、まわりからみたそのひと、というのも大事である。

だめな追悼文だと自分のことばかり書いて、肝心の相手のことが出てこない。きみはその人を観察してなかったんですか?と訊きたくなってしまう。

20代のころ、岩波書店の会長で戦前岩波茂雄が存命のころは編集者としても辣腕をふるった小林勇(1903-1981)のエッセイ集『人はさびしき』(文藝春秋、1973)を父の書棚から発見して愛読したのだけど(どうも若い娘が愛読するものじゃありませんね(笑)、みんな読みたくなってついには筑摩から出た文集まで買った。

この文集の刊行に合わせて『回想 小林勇』(筑摩書房、1983)という追悼文集が出た。編集者として文人や学者、経営に携わるようになってからは出版関係のあちこちともつきあいがあったので、各方面の人物が書いている。岩波映画の創立にも関係したのでそちらの方も。

その中でいちばんおもしろかったのは、野上弥生子である。調べてみるとこのとき弥生子満98歳!亡くなる前の日までみずみずしい小説を書いていた人らしく、この回想文(「底前の牡丹花」)もばっちり神経の通った文章です。

ギリシア神話のアイネイアスがたどり着いた黄泉の国の話から、小林が漱石周辺のひとびとに巡り会う話になる。きのうも書いたように弥生子は漱石に原稿を見てもらって作家としてのスタートを切ったのだし、岩波茂雄は『こころ』を出版することによって古本屋から出版業に転身したのだった。

小林がこやかましい岩波グループの人々から弥生子のお迎えを命じられる。
「……ただひそかに舌打ちしたいのは、それに課せられた面倒くさいこと、もうやつて来てよいはずの、もしか迷ひ子になってゐるかもしれない老婆の一人を連れて来い、の任務である。もとより懇意にはしてゐたものの苦手の方で、むしろ避けたいくらゐだ。……」


小林と弥生子の間柄を、自分を客観的に見る視点から書いているこのユーモア。
わたしはこのころまだ弥生子の日記のことなんか知らなかったと思うのだけど、この文章の芸には感嘆しましたね。

前に野上弥生子の感想文コンクールというのがあって、我孫子にいるころ一度応募してみたのだけど、通例に従って小説『森』を取り上げたのは失敗だった。この追悼文から弥生子の思考方法を探ってみる方が、なんぼかおもしろい感想文が書けたにちがいない。

バロックコンサート@庭園美術館(3)

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 0:26:37

演奏は優雅に楽しみました。会場が大きいせいか、恩師が何人か来ていたということなのでそのせいなのかわかりませんが、かなり気合いの入ったいい演奏だったと思います。
前にも着ていたと思うけど、振袖?を仕立て直した桐の模様入りのドレスがよく似合っていた。

###
夫美さんは母校の同級生なので誰かに逢わないかなと思ったらIさんが来ていた。なんと未來良氏にフルート(現代楽器の方)を習っているのだそう。お母さんとお姉さん(母校の先輩)夫妻も一緒。

台風のあと音楽室の天井に誰かが棒をトン、とやったら溜まった雨がざあっと落ちてきた、という昔話(中2の時。夫美さんIさんと同じクラスだった)を聴かされて、そんなことあったかなあと思う。

前にもこのブログに書いた佐久間由美子さん(フルート奏者)は中学まで母校にいたのだけど、やはり中2の時同じクラスで、音楽の勉強に行ったヨーロッパからエーデルワイスを持って帰ってみんなに見せてくれたのを思い出す。意外に小さな花だった。

###
今日のプログラムはフランスのバロック音楽だったので、プログラム(フランス語付き)を見ながら神谷美恵子だったらこれが原語でわかるわけだ、と思った。ギリシャ神話ももちろん知っているわけだし。
わたしはフランス語の女性形だの男性形だのに辟易して大学の第2外国語で取ったものの、ちっとも覚えようと思わなかったのでたしか一年落第したのだと思う。
今ごろになってフランス語がいちばん得意だった人のことを調べる羽目になるとは。やれやれ。

バロックコンサート@庭園美術館(2)

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 0:26:29

彼らの演奏会ではいつも曲目の解説が付く。おもしろかったのを書いておこう。

前半はベルサイユ宮殿で演奏されたもの、後半はパリの街中に出た感じ。
2の「うぐいす」は日本語では小夜鳴鳥<さよなきどり>。(ぱぐ注:英語だとナイチンゲールですね。竹内まりやに「真夜中のナイチンゲール」という歌があって歌詞の中に「サヨナキドリ」と出てくる)
5の「無関心」というのは好きな娘が振り向いてくれないという意味。
7のハ短調というのは当時としては珍しい曲調、悲劇的、深刻なイメージ(ぱぐ注:たしかにバロックでは短調の曲は珍しい気がする。楽しみのための音楽に似合わないものね)。

9の作曲家は18世紀のトラヴェルソの名人といわれた人。「マルク・アントワーヌ」はローマのマルクス・アントニウスのこと。「迷宮」はギリシャ神話中の人物ダイダロスがミノタウロスのために作ったもの(ぱぐ注:ダイダロスの息子がイカロスであることを初めて知った。親子で塔に幽閉されたときに父が作った人工の翼で逃げ出したが途中でイカロスが太陽に接近しすぎて翼の蝋が溶け墜落死する)

アンコールは2曲。
A:オトテール
   サラバンド「出発」→永訣の朝というイメージだそう。
B:オトテール
   リュタン→小人。夜なにかやっておいてくれるのだそう。日本で言うと「座敷わらし」。彼らのデュオの名前でもある。

バロックコンサート@庭園美術館(1)

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 0:26:17

白金の東京都立庭園美術館に行くのは久しぶり。この旧朝香宮邸はやや派手で好みじゃないなぁという印象があったのだけど、入ってみるとまったく見覚えがなかった。
ニジンスキーなどのバレエのための「舞台芸術の世界」というのをついでに見る。ロシア人って原色使うのが好きだな、と思った。

新館大ホールは初めて。天井が高くて庭がちらっと見えるので、いかにもバロック音楽の会場にふさわしい。だんだん外が暗くなっていくのを計算した開始時間だったのか。

プログラムは次の通り。

―フランス・バロックの庭より―
300年の時を超えるヴェルサイユ、パリの音楽

2007年9月15日 17:00開演

演奏:デュオ・リュタン Duo Lutin
朝倉未來良(みきら) フラウト・トラヴェルソ
木村夫美(ふみ) チェンバロ

1.オトテール・ル・ロマン(1674-1763)
 プレリュード(フラウト・トラヴェルソ)

2.クープラン(1668-1733)
 恋のうぐいす

3.オトテール
 組曲 ト長調
  プレリュード
  アルマンド「アタランタ」
  サラバンド「忠実」
  小さな優しい歌
  ロンドによるガヴォット「マイユボワ」
  ロンド「男爵」

4.クープラン
 小さな風車

5.オトテール
 組曲の続き
  アルマンド「サン・クルーの滝」
  サラバンド「ギモン」
  クラント「無関心」
  ロンド「嘆き」
  メヌエット「可愛い娘」
  ジグ「イタリアの女性」

休憩約15分(会場後ろに飲み物が用意されていた)

6.デュフリ(1715-1789)
 フォルクレ
 シャコンヌ

7.ボワモルティエ(1689-1755)
 オブリガート・チェンバロとフラウト・トラヴェルソの為のソナタ ハ短調
  ゲイマン(楽しげに)
  グラシュースマン(優美に)
  メヌエット

8.クープラン
 シテール島の鐘

9.ブラヴェ
 ソナタニ長調
  ラルゴ「ショーヴェ」
  アレグロ
  ロンド「マルク・アントワーヌ」
  「後悔」
  フーガ(アレグロ)
  ガヴォッタ「迷宮」

HTML convert time: 0.597 sec. Powered by WordPress ME