2007/9/5 水曜日

神尾真由子のバイオリン、同級生の命日

Filed under: 日記 — ぱぐ @ 8:03:09

キーワードだけなのに、きのうは自分の書いたことがかなり精神的に応えた。体調が悪かったので余計負担がかかったかも。書くってことは再現することなので、イタイことだとフラッシュ・バックしてしまい、どうしても文章にまとめるのは不可能らしい。長い間のことでもあるし。
アウシュビッツ経験者で本を書いたひとが自殺したというのもむべなるかな。わたしは自殺を考えたことは一度もないけど。

さて、楽しい話題に切り替えましょう。このままでは読む方もきついだろうと思いますので。

*昨日の夜、FMでこのあいだチャイコフスキーコンクールで優勝した神尾真由子の演奏を放送した。今日はいわゆるチャイコン、チャイコフスキーのバイオリン協奏曲。

久しぶりにこの曲を聴いたのだけど、やっぱりかっこいいなあ。神尾真由子の演奏は音がたっぷりしていて、よかった。ライブ版だったのだが3000人も観客が集まったとのこと。

今日は中3の時に亡くなったMちゃんの命日である。1980年だからえーと27年前か。去年亡くなったMさんも9月だったので、同じ月に同級生の命日が2つそろってしまった。
ミュージックフェスティバルというクラスごとの合唱イベントで、彼女は中2の時「だいだらぼっちの春」でピアノ伴奏をしている。

この時のカセットテープが手元にあるので、いつかMDとかに移して同窓会の時に同級生に聴かせたい。我孫子にいるときに一度聴いてみようとしたらラジカセが動かなくて聴くことができなかった。

HTML convert time: 0.331 sec. Powered by WordPress ME